【寝取られ体験談】彼女や愛妻が寝取られるエロ体験談をまとめました!自分以外の男に激しく抱かれ、悪戯される愛妻や彼女たち。 他人のモノで深く貫かれて喜びを感じる人妻たち。『人の物』ゆえ止め処ない快楽の世界にご案内します。

【寝取られ体験談】寝取られ彼女のエロ体験談まとめ


寝取られエロ体験談

【寝取られ体験談】私の目の前で男に抱かれる妻(5)

投稿日:2017年10月11日 更新日:

「お前の嫁さん、俺のこのでかいチンポで、こんなに悦んでるぜ…凄い、凄いってよ」
私は、無意識に自分のペニスをこすっていました…
由美の亀裂からは白濁した淫汁まで、掻き出されていました……肛門まで横に拡がり、無惨としか言いようのない犯され方でした…
私は犯される由美の乳房に手を伸ばし、乳首をつまみました…少し強く…
清さんの息遣いも、さすがに荒くなって来ました…
「ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!………」
由美の尻を掴んでいた両手を放し、それでも陰茎だけは、秘肉を突き上げながら、清さんは私に合図をして来ました…
チェンジして欲しい様です…
私も無言で
「仰向け寝て、由美を上に乗っけろ…」
ジェスチャーで返しました…

清さんは、ゥン・ウンと小刻みに頷くと、秘肉から長大なペニスを、ズルズルと抜きました…
「ァッ!ァッ!ァン!…ハァッ!ハァッ!」
長大なペニスの亀頭が秘口から抜かれる時、由美は、名残惜しげに小さな声を発しました…

清さんは、荒い息遣いのまま、横になると、上に乗る様、由美をうながしました…
由美には、あまり好きな体位ではなかったのですが、清さんの体を跨ぎました…
私に背中を見せ、由美の右手は、清さんの陰茎を握り、自分の秘口に亀頭を当てがいます……その時でした…
由美は、ゆっくり振り返ると、欲情した目で私を見つめました……その目は
「あなた見てる?これが見たかったんでしょ?…こんなに大きなチンポが、今から私の…あなたの大切な、おまんこに入るのよ」
由美は、テカテカに膨れた亀頭で、亀裂を何度も滑らせ、いよいよ蜜壷に当てがいました…
ゆっくり尻を下げると、亀頭は、赤い秘肉を割って、少しずつ姿を消して行きました……
「アッ!アッ!ハァー」
長大な陰茎が、体を割って侵入する快感に、由美の口からは賛美のうめき声があがりました…

白く丸い尻を、引き上げ、打ち付け、太い幹を滑ります…
清さんの両手は、揺れる乳房を揉みしだき、腰を突き上げ、由美を快感に押し上げています…
由美の漏らす声と、清さんから発っせられる声だけが部屋を満たしていました…
しかし、由美がこの姿勢で絶頂を迎えた事はありません………
由美の息もあがり、清さんの体から降りると、並んで横たわってしまいました………
「ハァ!ハァ!…」
「ハア!ハア!…」
清さんは、のろのろと上体を起こすと、波打つ由美の乳房に、唇をつけました…
由美の愛汁でヌルヌルした陰茎は、まだ力強くぴくつき、その先からは、今にも濃いマグマが噴き出しそうに膨れています…
宴は、まだ続きそうな雰囲気でした……

清さんは、自分の息が整うまで、由美の体を撫でたり、乳首を舌で愛撫していました…
由美も、喘ぎながも、右手でしっかりと清さんの陰茎を握りしめています…
無防備な由美の股間は、片膝をたて、蜜壷を私にさらしています…
白い腹部は波打ち、黒い陰毛は淫汁で肌に張り付いて光っています…
由美が、ここまで積極的に体をさらし、清さんを受け入れるとは思っていませんでした…

茫然と、二人を見ていると清さんは、小さな声で私に声をかけてきました…
「国ちゃん…しないのか?……代わろうかー…」
私は、首を横にふり…
「いいから…清さんやれよ……」
そう言って、親指を立てました。
清さんはニヤリ!と、いやらしい笑いを浮かべ、由美に乗っかりました…
そして、由美の股間を、大きく拡げ、亀頭を蜜壷に当てがった様です…
ゆっくり腰を前に突き出すと、由美の口からはまた、喘ぎ声がもれてきました……
「アッ!アッ!アッ!…ウッ!アッ!…ア・ア・イッパイ!…イッパイョ…アッ!ア!」
逝かされる……私は、そう思いました。正常位は、由美が一番、逝きやすい体位です………自分で尻をふり、どこに亀頭を当てれば、逝くのか、知っています…
由美の両手が、清さんの尻を引き付け始めました…

「アッ!ア・タ・ル…ア・ア!…イイッ…イイッ!…スゴイ…アッ!イッチヤウ!スゴイ…イッチャウ…イツチャウ!イク…イクノ!イクウ・・・」
由美の声は、深い絶頂感を味わっている叫びでした…
私とのセックスでは、イッパイ…と、発することはありません……
それにしても、清さんの腰の動きは、後ろから見る私に、絶望感さえ与える動きでした…
由美の尻の動きに、的確に合わせ、浅くしたり、一気に根元まで突き入れたり…
由美が、逝きそうになると、小刻みに陰茎を突き刺し、多分…由美の感じる部分に亀頭を、こすりつけているのです……
そして、由美が逝った!と見るや…長いペニスを、最深部まで、押し込みゆっくりと、グラインドさせ、動かなくなるのです……
由美の体が緩慢になると、また、ゆっくりとした突き上げを始め、徐々に大きく太く長いペニスを突き入れるのです…

「アッ!アッ!ダメ・アッ!イク!マタイク!ア・ア!イッチャウ・・イッチャウ!イクゥ…」
二度目も、あっけなく逝かされ、三度目も簡単に逝かされてしました…
もう由美はグッタリとして、清さんのなすがまま…
すると、清さんは、私を振り向き、人差し指と中指を立て、Vサインをしたのです…………そして、今度は由美の両足を肩にかけたのです…
由美の円い尻は、上を向き、太いペニスを飲み込んだ、蜜壷は、ほぼ真上に持ち上がったのです……
清さんは、肩に両足を乗せたまま、上半身を由美にかぶせ、陰茎を打ち込み始めました……
「あッ!あッ!スゴイ!アタル!スゴイ!あッ!イヤ!ウ!ウ!スゴイ!ダメ!アッ!逝く!逝く!逝っちゃう!逝っちゃう!凄い!逝く!い・・・・クゥ…!…」
由美は頭をふり、全身は、ガクガクと痙攣し、清さんが動かなくなっても、体だけが勝手に、跳ね上がるのです……その度に、由美の口からは、
「あン!……あッ!…あン!…」
連続して、快感が押し寄せているのが、わかりました…
そして、それはまた、清さんの執拗な責めで始まり、由美は五度目の頂上へと、押し上げられ様としていました…
耐えに耐えていた清さんにも、限界が近づいてきました……

「由美ちゃん…出そう…いいか…出る…由美ちゃん…」
「出して!せい…出して!中に……出して!」
「出る!由美ちゃん!出る!出る!…ン!ン!フン!…」
「ぁン!凄い!アタル!ァン…逝く!逝く!・」
清さんの尻に、何度も力が入り、体中の精液を、由美の子宮めがけて絞り出している様に見えました…
部屋の中には、二人の荒い息遣いだけが聞こえています……
清さんは、両手で、肩にかけられた由美の足首を、持つと……私に目で合図しました。
ほとんど、上を向く由美の蜜壷には、まだ太い陰茎が埋まっています…

清さんの目は…
「いいか…今から、チンポを抜くからな……女房の、おまんこの奥に、たっぷりと精液を、ぶち込んだからよく見ろ!」
…そう言っています…
清さんは、由美の両足首を持ったまま、ゆっくりと、腰を引きました……
由美の蜜壷からズルズルと長い陰茎が、引き出されて行きました……硬さを失った陰茎が、'どろッ!'っと抜かれたあと…
由美の蜜壷は、赤い秘肉まで引きずり出され、ぽっかりと秘口が開いていました…
いつもは合わさっているはずの亀裂も、押し拡げられ赤い内側をさらしています…
肉芽は飛び出し、淫汁にまみれ、まだピク!ピク!動いている…
清さんは、由美の両足を、静かに降ろして行きます…
上を向いていた由美の尻も、降りて……
清さんが、由美の陰部を指差しました…
秘肉から、ドロドロドロドロ…大量の白濁した精液と淫汁が……

清さんは、それを指にとり、今だにピク!つく肉芽に、ひと撫ですると……
「アン!」
清さんは、ニヤニヤしながら、何度か繰り返し遊んでいました…
「ァン!…ァン!…」
声を出す度に、由美は体をぴく!ぴく!させ、まるで電流を流されているかの様に反応しました…
まだ、私だけは、発射せずにいましたから、由美の体をもてあそぶ清さんと、それに反応する由美に、ひとり興奮して、ペニスは極限まで、ふくれ上がっていました……
清さんは、女性の体が久しぶりのせいもあり、乳首を突いたり、肉芽を撫でたり、蜜壷を拡げて、覗き込んだりと、由美の体の反応を、ニヤニヤしながら遊んでいました……
「…アン!アッ!…もう…もう…ダメ…さわっちゃダメ…アン!…なんでー…アン!…とまんない…アン!…」
「とまんないかー…可愛いなぁ由美ちゃん…ここかー…」
清さんは、また肉芽を指で撫でました…

「アン!」
由美に電流が流れます…
「アン!…だめ…もう…もう…遊んであげない…さわっちゃだめ…アン!…」
「さわっちゃだめって、お前が、股拡げて待ってるからじゃないか…」
「体が動かないんだもの…アン!また…アン!…もう…ほんとに…アン!…明日、会社なんだから…アン!…もう…」
由美は、耐え切れずに上半身を起こしました…
三人とも素っ裸ですが、私だけがペニスを勃起させ、何となく、間抜けの様な…
「ぷッ!いやだぁー」
「何がいやだぁーだよ…俺は、出してないんだから、仕方ないだろう…」
清さんは、取り去られたバスタオルを由美に渡し、自分も、タオルを股間にかぶせました…
由美は、渡されたバスタオルを胸に巻き…
「シャワーに、かかって来るね…もう11時になる」

……浴室に向かいました…
「色気むんむんだなぁ……背は高いし、スタイルもいいし……国ちゃん、幸せだなぁ…」
「最近だよ…色気が出てきたのは…」
「そうかぁ…可愛いなぁ」
「あなたぁー…ねぇ、あなたぁーちょっと来てぇ…」
浴室から由美が呼んでいます……
「何だよ…どうした?」
「いいから入って…」
浴室に入ると、由美は抱きついて来ました…
「どうした?」
「また清さんが来るんじゃないかと思ったの…もう帰らなきゃぁ…」
「清さんが来たら、また、やられるから俺を呼んだのか?」
「ウン…もう帰ろうよ」

「帰るよ……気持ち良かったか?」
「…ウン…」
「やっぱ、でかい、チンポでやられると、違う?」
「帰ってから話してあげるから…もう帰ろうょ」
由美は、勃起しっぱなしの陰茎をこすってくれながら帰ろう…を繰り返しました。
「帰るから、違うのかだけ話せよ…今の方が、感覚が残ってるだろ?」
「…違うょ…それに、二人にされたことなんてないもん…」
「ほとんど、清さんだけじゃないか…て、言うか、やったのは清さんだけだよ」
「そうだけど…やっぱり二人じゃない…見たいって言うから…」
「二人にされるって、やっぱ、感じ方ちがう?」
「当たり前でしょ…ドキドキして……開き直らないと、こんなこと、出来るわけないわょ…」
私の聞きたいこととは、違います…由美は、わざと的を外して答えている様にしか思えませんでした…

「お前、とぼけてるだろ?俺が聞きたいのは…」
「ェヘッ!…わかってるわょ…だから、早く帰って話そうと思ってるんじゃない……」
「たのむから、そこだけ!…今、教えてくれよ…」
「…気分的にはねぇ…凄くいやらしい気持ちになる…自分でも、びっくり……」
「ぅん……お前が、アッチの方がいいって言った時は、出そうになったよ…あれは?」
「もう……帰ってからにしようよ……正直に話すから……」
「じゃぁ帰るか…」
「ウン……ねぇ…清さん……もうパンツ穿いてると思う?」
「なにーお前まだ清さんとしたいのか?…」
「ぅふッ!…ちがうわょ…私ね、多分ょ…たぶん、清さんまだパンツ穿かないでいる様な気がするのよ…ぅふ」
「まだ、お前とやる気満々って事か?……五十三だぞ…続けて二回はきついだろう?」
勃起したままのペニスを、由美の尻に、押し当てながら、そんな話をしました…
由美は、衣服を部屋に取りに行く為、またバスタオルを胸から巻いて、部屋に戻り、私は、腰にタオルを巻いて、戻りました…

部屋に入ると、由美は'ほら!'っと、言う目で私を見ました……
清さんは、裸のまま、股間にタオルをかけているだけでした…
「帰るの?」
「明日会社だしね、サラリーマンは早いからさぁ…」
「そうかぁ………」
「ぅふッ!…なによ、その声……」
「由美…サービスしろよ」
「ェッ?…なにするのよ…」
「おっぱいくらい触らせてあげろよ…ねぇ清さん」
「おっぱいもいいけど……お尻の方がいいなぁ……」
「ぷッ!何よ、その言い方…もう、シャワーかかったんだから、さわっちゃだめよ…」
そう言うと、由美はソファーに座る清さんの前に行き、後ろ向きに、お尻を突き出しました…

清さんは、ニヤニヤしながら顔を傾け、尻の間を覗き込んでいましたが…
「由美ちゃん……肝心の…おまんこが見えないよぉ…何とかしてくれよぉ…」
「ぷッ!ハハハ何よ、お尻って言ったでしょ…」
「由美…いいからちょっと拡げて見せてあげろよ…」
「もう…はい…これでいい?…」
由美は、自分で両手を後に回し、尻を割りました…
「ぉお……………きれいなピンク色してんなぁー……たまんねぇなぁ…サネまでツヤツヤだよ…」
「もうお・し・ま・い…」
そう言って、由美は衣服を持って浴室にかけこみました…

「また、今度って事で、今夜は帰るよ…」
「そうだなぁ…会社だもんなぁ……」
清さんは、ほんとに残念そうに、私達を見送りました…
家につき、由美を抱いたのは、言うまでもありません。
私は、ベッドに素っ裸で由美を待ちました…
「ぅふッ!…もう立ってるじゃない…」
「目の前で、お前が逝かされたんだから当たり前じゃないか…何回も逝かされやがって…」
由美も全裸で、ベッドにあがり、上半身を起こしたまま、私の陰茎を握りしめました…
「仕方ないでしょ……あんな大きい、おちんちんを入れられたのよ…我慢なんて出来るはずないわ…」
由美は、私の陰茎を、こすりながら、つぶやく様に言いました…

「気持ちよかったのか?…」
「…ゥン…あんなに奥まで、入ってくるんだもの…お腹の中を、押し上げられるみたい……始めてよ…」
「そんなによかったか…じゃぁ…また清さんと遊ぶか…いいんだろー…」
「…ゥン…いいよ…今日は…アレ…してなかったでしょ…だから…清さんが出す時…すごくよくわかったわ」
もう私は爆発寸前でした…

「出した時、わかったのー」
「…ゥン…私の中で、ドクン!ドクン!って動くのがわかるの……奥の方が温かくなって、ぁぁー出してる…ってわかるの……」
「お前…清さんとやる時は、拡げて見せたり、後から見せたり…いやらしくなるなぁ……」
「ぅふッ!…あれは…あなたに見せるためよ………でも、なんか清さんになら…何でも出来そう……」
「お前、清さんに足を肩にかけられて、やられた時、すぐ逝ったなぁ……」
「…ゥン……もうその前にも何回かあったし……あれって……すごく深く入るし、もう、わけわかんなくなっちゃう…」
全裸で、私の陰茎をこすりながら、由美の話は続きました…
「今日も、清さんもう一回やりたかったみたいだったなぁ…」
「ぅふッ!…だからお風呂で言ったでしょー…まだパンツ穿いてないんじゃないかって……」
「俺を風呂場に呼んだのは、また清さんが風呂場に来ると、やられると思ったからかー」
「ゥン…明日、会社だしさ…休みならいいけど…」
「休みだったら、俺を呼ばなかったってことー…」
「…たぶん……だって……来たら、されちゃうもん…目の前で、大きくなってるおちんちん見たら、仕方ないじゃない…」
「俺とするより気持ちいいのー…」
「………あなたとは………安心してできるよ…」
「安心とかじゃなくてさ…気持ちいいかって聞いてんだよ……」
「…入れられたら…大きいおちんちんの方が、気持ちいいよ……」
もう、だめでした…
由美を組み敷き、濡れ濡れの、蜜壷に突き入れ、無茶苦茶に腰を振りました…

「そんなに、でかいチンポがよかったのか!」
「そうよ…また、清さんとしたいの……何回もされたい…」
「淫乱女!…」
この夜、二度、射精し、興奮が冷めたのは、朝も白々と明けた頃でした…
そして、昨年八月三回目…十一月四回目……今年、初めて、私達の自宅に清さんを呼んで、五回目を行いました…

それぞれの回で、興奮をし、目に焼き付いた場面や、由美の喘ぎ声に、嫉妬しました…
それ以外にも、ノーパンで清さんの店に連れて行き、お客の来る前に、カウンターで、陰部を見せたり、舐めさせたり、私と清さんのペニスをフェラさせたりして遊びました…
その時は、挿入無しで……清さんも、由美も、やりたくて、悶々としていましたが、その分三回目、四回目、五回目は、二人、いや三人とも、あらん限りの恥態と、淫靡な夜を過ごしました…

私の投稿は、この辺で終わります
清さんとは、これからもお付き合いは続きそうですので、また投稿できるかもしれません。
ありがとうございました。

 


実際に「寝取られ/寝取り体験」しませんか?

寝取られ願望の強い女性を探してみませんか?

特集記事:
【寝取られ体験談】寝取られ願望をもつPCMAXの人妻たち(その1)

【寝取られ体験談】寝取られ願望をもつPCMAXの人妻たち(その2)

【寝取られ体験談】妻をどうしても他人に抱かせたくて

【寝取られ体験談】僕の目の前で他人に抱かれる彼女

※以下のスマホアプリに願望の強い20~40代女性が毎日登録しています(管理人推薦)↓↓↓

おすすめNo.1 →「PCMAX

★★★★★(管理人評価:90点)

※30代の寝取られ願望の強い女性が多いです。管理人の住む田舎町でも当日~翌日に会えています。本当です。素人女性の集客力でここ以上のサイトはありません。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

おすすめNo.2 →「ハッピーメール

★★★★☆(管理人評価:85点)

※PCMAX同様に、寝取られ願望の強い人妻がいます。かなり使えるアプリです。最近、書き込みが多くなっており、おすすめNo.1になるかも知れません。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

おすすめNo.3 →「Jメール

☆☆☆☆☆(管理人評価:??点)

※人妻に会いたいなら穴場アプリです。PCMAXやハッピーメールで十分間に合っているので、まだ完全に評価できていないですが、100%本気の人妻の書き込みがあります。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)


-寝取られエロ体験談

Copyright© 【寝取られ体験談】寝取られ彼女のエロ体験談まとめ , 2017 AllRights Reserved.