【寝取られ体験談】彼女や愛妻が寝取られるエロ体験談をまとめました!自分以外の男に激しく抱かれ、悪戯される愛妻や彼女たち。 他人のモノで深く貫かれて喜びを感じる人妻たち。『人の物』ゆえ止め処ない快楽の世界にご案内します。

【寝取られ体験談】寝取られ彼女のエロ体験談まとめ


寝取られエロ体験談

【寝取られ体験談】新婚なのに元彼にハメ撮りされていた妻(3)

投稿日:2017年9月15日 更新日:

後輩君は硬い亀頭の先で里香のコリコリの子宮口を…優しく擦り合わせる様に最初は「ツン・ツン」優しく刺激して…
子宮口から愛汁を十分に噴出させて膣内をヌルヌルにほぐす為に、僕の物よりも遥かに太い肉棒で膣空間をじわじわと柔らかく馴染ませて、十分に押し拡げていたのでした…
それは里香の胎内の奥深くに…今回侵入した普段とは違うペニスを新たなパートナーの男性器として女性器に確実に認識させる為です。
挿入後も初めは余りピストン運動をせずにキスや言葉で里香を興奮させています。
女性器はパートナーの男性器の大きさに必ずフィットする為…元々柔軟な物ですから…

妻の胎内が僕の粗末な物とは、大きさや形や硬さも全然違う後輩君の巨大な陰茎を新たなパートナーとして、認識してしまえば、里香の女性器はこれからは、自然と後輩君のサイズに合さるのです。

後輩「里香さん…今どんな感じですか?」

里香「ああ~奥に…主人よりも…おっきい…オチンチンが…奥に挿ってるぅ…深いよぅ~でも…何で動かさないの…?」

後輩「はは…行き成り俺ので激しいピストンしたら里香さんのアソコ壊れちゃうから…お互いの性器を馴染ませているんですよ」 

里香「…あんっ…何だか三田君のオチンチン…ワタシのアソコ一杯に…拡げて…奥まで…ピッタシ…修まってる…感じ」

後輩「そうでしょ?俺達…相性…抜群なんですよ…好きですよ…里香さん…キスしましょ?」

里香「うん…良いよ…レロ・レロ…ピチャ…ペチャ…ベチャ…ゴク・ゴク」

二人は繋がった状態で再び唾液交換とも言えるディープキスを始めました…もうお互いの唾を完全に飲み込んでいます其の行為は5分間以上続いていました…其の次に後輩君はユックリとした陰茎全体を使った長いストロークでのピストン運動で…

本当のパートナーの僕のよりも遥かに太い直径5cmの肉茎で里香の膣肉を擦り上げて「トロ・トロ」状態にして…膣道トンネルの穴を十分に押し拡げていました。

後輩「里香さんわかります?ナカの肉壁が…十分に…濡れて…拡がって…俺のに…馴染んで来ましたね…」

里香「ワタシ…感じちゃってるの…アソコ熱く成って…ドロドロに成ってって…拡げられてる感じする~」

後輩「俺のチンポ…まだ挿りますんで…今度は根元まで全部挿入しますよ?」

里香「えっ?まだ…挿っちゃうの?」

後輩「はい…あと5cm程サオが残っていますから…里香さんの奥の奥の行き止まりまで押し込みますから…」

後輩君がグッっと腰を押し込みました…長い陰茎がズニュ~と根元まで沈み込みました…今度は陰茎全部を里香の奥の奥の…子宮頸部を越えた行き止まりの壁(膣円蓋)まで押し込んで「グイグイ」と膣壁を伸ばして…

時折角度を変えて挿入し亀頭で子宮頸部を…突いて刺激して…愛汁を噴出させ…尖った先っぽ部分で段々と子宮口の穴をこじ開ける様にして…
後輩君は里香の女性器と生殖器部分にも自分の肉棒を完全に馴染ませて…今現在…胎内に侵入している陰茎が、真のパートナーだと里香の体に完全に覚えさせている感じでした…

里香「あっ…う~ん…子宮に「ズン・ズン」響くぅ~お腹の奥まで押されて変な感じ…」

後輩「あれれ?俺の奥までスッポリ…簡単に…挿りましたよ意外とスンナリと挿っちゃいましたね?里香さん動いて良いですか?」

里香「…大丈夫・いいよ…でも…後でゴム付けてね?」

後輩「ゴム付きだと俺逝けないんで…」

里香「…でもぉ…生って…まだ…主人とも…してないから…妊娠大丈夫?」

後輩「心配要りません…慣らしなんで…余り奥まで突かずに浅くゆっくり動きますから…」

里香「初めは…優しく動いてぇ…うん…うはぁ…あん…アン…アンッ…やっぱり…ゴム付けないとぉ…」

後輩「里香さんのナカ(膣内)熱くて気持ち良いですよヌルヌルして…やっぱり生だと…俺…もう出そう」

里香「…ハァ・ハァ…アンッ…ナカは駄目~外で出して…アンッ…ンン…ハンッ…アンッ」

後輩「ハァハァ大丈夫です…お腹の上に出しますよアッ・ウッ・ドクドクドク」

…後輩君は興奮か気持の焦りか1回目はとりあえず挿入という感じでした…奥まで余り突かずにスローなピストンで早漏気味に里香の腹上に射精していました…後輩君はティシュで里香の臍の中の精液を拭きながら里香に話し掛けています。

後輩「…里香さん俺とこうなった事後悔してるんですか?いっそ俺と付き合いましょうよ俺が旦那さんより先に生挿入したんだし責任取りますよ」

里香「気持は嬉しいけど…そ・それは無理よ…もう退社日も決まっちゃてるしこれ以上主人を裏切れないし…裏切っちゃったけど…何でだろ?…ワタシ…ホント…如何しよう…」

…里香が俯いてしまい暗い表情を見せると後輩君が「そうですね今更…俺と付き合うのは無理ですね」と里香を後ろから抱きしめながら優しく話し掛けていました。

後輩君は女の扱いが本当に上手です。泣き出しそうな里香の髪の毛をよしよしと優しく手で撫でて上げながら目を見つめて自分の唇を里香の唇に近付けていきます。

里香は嫌がらずに後輩君の唇を受け止めます、2人はお互いに口を開き舌を出して「ピチャ・ペチャ」と唾液を交換し合う濃厚なキスを再び始めてしまいました。

…2人は完全な新婚夫婦状態でした…

後輩君はチンポの先に付いている精液を里香にお掃除フェラさせた後に隠し持っていたであろうローターを行き成り里香のクリトリスに当ててました。

後輩「里香さん…俺のチンポの先に残っている精液吸い取ってくれます?」

里香「…うん…ジュルッ…チュパァ…レロレロ…」

後輩「こんな…玩具…里香さんどうですか?」

里香「ヴィィィィ~ン…アンッ…何…何…コレッ…気持ち良いっ…良いよぉぉ…アンッ・アンッ・アン」

後輩「ローターって奴です気持ち良いでしょ?こんな事旦那さんにして貰って無いでしょ?里香さん今まで本当に逝かして貰った事無いんでしょ?」

里香「…あんっ…あはぁ…うはぁ…無いよう~こんな気持ちいい事…主人にして貰った事無いよ~」

後輩「今日は俺が恋人だから…里香さんを何回でも逝かせてヒイヒイ言わせて…狂わせてあげますよ」

里香「また…イグッ…すぐ…イグッ…これ…もう逝くのぉ~」と里香は後輩君にローターで何回も簡単に逝かされてしまいました。

…更に里香は自分でアソコのビラビラ拡げてとか言われて、既に里香は何でも後輩君の言い成りでした…

大股開きでローターをアソコに挿し込まれた状態でデジタルカメラで何枚も写真撮影されていました…

更に後輩君は小型のDVカメラを片手に持ちながら…里香に…

後輩「ほら里香さん動画も撮るから…脚をM字に開いて下さい笑顔で…小陰唇くぱぁ!して拡げて…膣口の奥まで見えるように穴もガバッと拡げて…」

里香「…いや~ん恥かしいこんな格好の…撮らないでよ~」

後輩「俺が見てオナニーするオカズの為ですよ誰にも見せませんからそれよりもうそろそろ…チンポ挿れて良いですか?」

…とうとう2回目の挿入です正常位です…今度も簡単に生をズブブッと挿入されてしまいました…しかもハンディカムでハメ撮りまでされています。

後輩「里香さん俺のチンポをおまんこに挿れてってさっきより厭らしく言ってくれますか?」

里香「…うん…良いよ…来て…三田君のオチンチン里香のスケベな、おまんこに挿れて…今度はちゃんとゴム付けてよ?」

後輩「分ってますよ…後で付けますから…挿入…しますよ…アラララ…簡単に挿っちゃう…」

里香「…ズブブブ…んんっ…あはぁ…また…挿ってる…主人のじゃ無い…生オチンチン…奥まで…」

後輩「ホラよく見て下さい里香さんのおまんこ俺のチンポ根元まで全部咥えこんでます…2回目だからすんなり奥まで…繋がりましたね?」

里香「…うんっ…あんっ…見えるの…根元まで…挿って…それにさっきもだけど三田君に挿れられる度にワタシの赤ちゃん作る大事なトコのオクチに簡単に…届いて…」

後輩「それは俺のチンポの長さが里香さんの奥の子宮コリコリに簡単に届くからですよ…ソコが女性の本当の一番感じる所ですよ…激しく突きますね?」

里香「…ほ…ほんと…クリよりも…気持ち良いかも?…あんっ…あんっ…いいっ…ココ突いてっ…もっと突いて~」

後輩「俺…里香先輩の責め方…もう…分かりましたよ~弱いトコ…子宮のコリコリした…ここ(ポルチオ)でしょ?」

里香「そう?これっ…あんっ…あんっ凄い…凄い…音が「ジョボジョボ」って鳴ってる…気持ち良い…ううっ~」

里香「…あ~んっ~主人のより~全然おっきい~三田君の…オチンチンが…ワタシの奥のコリコリしたトコにゴリッって強く…当たってるぅ~凄く当たるよ~」

後輩「当たります?ご主人さんのチンポよりも俺のチンポの方が里香さんの良いトコにちゃんと当たるんですね?」

里香「子宮にぃ凄く当たるのぉ~当たるぅ~…気持ち良い…逝っちゃう…」

結合部分を見てみると里香の奥穴から溢れたであろう大量の白濁液が泡立ちながら後輩君の陰茎全体に付着しています。

たった数回のピストン攻撃で完全に里香は何度も逝かされていたのでした

里香「…ほ…ほんと…動く度にコリコリ…「ゴン・ゴン」って…ノックしてる…クリよりもずっと…気持良いぃ~」

後輩「どうです…気持良いでしょ?こんな事…里香先輩のご主人さんに出来ます?」

里香「…出来無い~主人の~三田君のオチンチンよりもずっと短いからぁ~」

後輩「短いって?旦那さんのじゃココまで…届かないんですか?」

里香「主人の…余り届か無い…軽くコリコリ…かすめる位だからぁ~」

後輩「それは…残念ですね…俺が先に…里香さんのコリコリ激しく突き捲くりますよ?」

里香「その前に…ゴム付けてね…」

後輩「はい…付けました…遠慮無しで…突きますよ?おりゃ~そりゃ…パンパンパンパンパンパンッ・・・・・・・」

里香「当たってるぅ~主人のじゃ~届か無い奥のコリコリの裏(膣円蓋)もぉ~ワタシの行き止まりの肉壁も…オチンチンで…押されてる~」

後輩「里香さんの…行き止まりの壁…突いて引く時…俺の先っぽが子宮コリコリに引っ掛かりますよ?」

後輩君が里香をまんぐり返しの状態にして、更に腰を押し込みます、馴染んだ後なのでズブ・ズブッと簡単に後輩君のチンポが里香の奥まで挿入されました…

里香も自分の脚を持ってお尻を高く上げてアソコを前に突き出して後輩君の陰茎を出来るだけ深く全部呑み込んでいます…

激しく突きまくる後輩君のピストンの音が「パンパンパンパンパンパンパンパンッ…」と響きます。

里香「アンッ…アンッ…良いっ…ソコ突いてっ…もっと・もっとメチャクチャに…突いて~逝っちゃう~」

後輩「俺今日挿れたの…初めてだけど…里香先輩のチンポでの速攻な逝かせかた…もう…分かりましたよ~弱いトコのコリコリした…ここ弾くんでしょ?」

里香「そう?これっ…アンッ…アンッ凄い…凄い…音がジョボジョボ鳴ってる…気持ち良い…ううっ~」

後輩「それと…こんなやられ方も好きなんでしょ?亀頭で入り口から里香先輩のGスポの肉壁の辺りをゴリゴリと一杯擦ってタップリ濡らし…抜ける寸前まで一度、チンポ…引いてから…思いっ切り「ズゴッ」と奥まで…一気に突き刺す…」

里香「…「ズブッ」…きゃうぅ~ん…駄目~凄い~気持良いの~それ好き~」

後輩「気持良いでしょ?ホラッ…ユックリとチンポ抜けそうに成る位まで引いて…突くっ…「ズコッ」…引いて…突くっ…「ズコッ」…「ズゴッ」引いてから…突くっ…「ズコッ」…突くっ「ズゴッ」…突くっ…「ズコッ…」

里香「ああああ~ん…奥にコリコリに…「ゴリッ」って…壊れちゃう…コリコリ穴に挿さっちゃう~壊れちゃう…あんっ…あんっ…」

後輩君の陰茎のサイズは亀頭の先は尖っていて細めですがカリが大きく更にサオ部分がコーヒーのロング缶程のサイズです規格外の肉棒が里香の股間に激しく…突き刺さり何度も何度も出挿りを繰り返して…里香の膣道と膣口は確実に後輩君のサイズにされています…

更に亀頭で子宮頸部を押し潰す勢いでチンポで突きまくり里香を何度も逝かせて…僕の陰茎のサイズでは里香が満足出来無い様に里香の女性器と内臓までも自分の陰茎のサイズに押し拡げて…拡張しています…

僕からみればですが…後輩君は自分が欲しくても…手に入れる事の出来無い他人の玩具を壊すような…(他人の妻なんだから壊しても構わないや…みたいな乱暴な扱いをしていました…そして後輩君は有ろう事か…里香にプロポーズまでしていました…

後輩「ああ里香さん…悶える姿も…可愛いです…綺麗ですよホントに俺と付き合って下さいよ…先輩となら…マジ結婚したいです」

里香「三田君もっと早く言ってよ…遅いよ~結婚したんだからぁ…も…もう無理なんだもん会社の結婚後退職も~するんだからぁぁ…」

後輩「何でですか?旦那さんより生では俺の陰茎の方が里香さんの胎内に先に挿ってんですよ?クンニだって俺がしてたし…」

里香「…でも~人妻なんだし~不倫は良くないんだよ~」

後輩「今でも…こんなに深く繋がって…里香さんの内臓まで…突き上げて…旦那さんより2つも多く…愛してるのに」

里香「凄いよ~深過ぎるよお腹のナカ破れちゃうよ…こんなおっきいオチンチン…久し振り…だよ~」

…そんな事を言いながら後輩君は今度は遠慮無しに「パンパンパン」とリズム良く里香を深く突きまくっています…

里香も感じ過ぎて変態スイッチが入ったのか?後輩君のサイズにされるのを喜んでいました…

後輩「…久し振りって?昔の元彼さんとか?少し妬けるな…でも昔の元彼より…俺のが良いでしょ?」

里香「…うんっ…あんっ…でも…三田君のが…今までで…い…一番…長い…LLサイズのオチンチンだから~気持良いよ~」

後輩「里香さんやっぱり…男性経験豊富ですね~元彼さんのサイズは?」

里香「あんっ…Lサイズだったかな?覚えて無いよ~」

後輩「じゃ~御主人は何サイズ?」と分かってて後輩君は聞いていました…里香もすぐに答えて…

里香「あんっ…Sサイズ~なの~余り奥まで来ないの~良いトコ…余り…届かないの」

後輩「じゃ~俺が…遠慮無しに奥まで突き捲りますよ~パン・パン・パン…」

里香「…奥がぁ…気持ちイイのぉ…不倫なのに~主人じゃ無いのに~そんな奥…突かれると~ワタシ変に成っちゃうよぉ~」

後輩「そうでしょ?不倫気持ち良いでしょ?変って言うより里香さんは…元々H大好きなヤリマンだったでしょ?」

里香「アンッ…イヤン…SEX大好きだけどぉ…ヤリマンなんて言い方しないでよ~」

後輩「この前…トイレに入ってると…他の社員が里香先輩の噂…してました…聞きましたよ会社内に穴兄弟が何人も居るって?」

里香「会社内で付き合って体合わせた人は…何人か居たけど~主人合わせても…4人位だから~穴兄弟なんて…恥ずかしいじゃない…」

後輩「でもじゃ~俺を含めれば…旦那さん以外は社内で4人は里香さんを抱いた経験が有るんですよ4穴兄弟ですよ?其の中でも誰のチンポが一番…良いの?」

とか聞きながら後輩君はガンガン里香を突きまくりでした…もう堕ちる寸前でした…


実際に「寝取られ/寝取り体験」しませんか?

寝取られ願望の強い女性を探してみませんか?

特集記事:
【寝取られ体験談】寝取られ願望をもつPCMAXの人妻たち(その1)

【寝取られ体験談】寝取られ願望をもつPCMAXの人妻たち(その2)

【寝取られ体験談】妻をどうしても他人に抱かせたくて

【寝取られ体験談】僕の目の前で他人に抱かれる彼女

※以下のスマホアプリに願望の強い20~40代女性が毎日登録しています(管理人推薦)↓↓↓

おすすめNo.1 →「PCMAX

★★★★★(管理人評価:90点)

※30代の寝取られ願望の強い女性が多いです。管理人の住む田舎町でも当日~翌日に会えています。本当です。素人女性の集客力でここ以上のサイトはありません。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

おすすめNo.2 →「ハッピーメール

★★★★☆(管理人評価:85点)

※PCMAX同様に、寝取られ願望の強い人妻がいます。かなり使えるアプリです。最近、書き込みが多くなっており、おすすめNo.1になるかも知れません。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

おすすめNo.3 →「Jメール

☆☆☆☆☆(管理人評価:??点)

※人妻に会いたいなら穴場アプリです。PCMAXやハッピーメールで十分間に合っているので、まだ完全に評価できていないですが、100%本気の人妻の書き込みがあります。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)


-寝取られエロ体験談

Copyright© 【寝取られ体験談】寝取られ彼女のエロ体験談まとめ , 2017 AllRights Reserved.