一番初めに勝ったのは私でした。
紙の内容は  *AがBの股間に顔をうずめる*  という内容でした。
私はAをもう一人の男ににBをスナックの女の子に指名しました。
男は喜んで女の子の浴衣を広げて女の子の股間に顔をうずめました。
「いゃぁーん、それは違反よ!」
男は女の子のあそこを舐めたようでした。
女の子のパンティーの中心に濡れたあとが付いていました。

二回戦目はもう一人の男が勝ちました。
*AはBのお尻の穴を舐める*  でした。

男はAを刺青男にBを妻に指名しました。
妻はいやぁーんと言って逃げようとしましたが、男は妻を追いかけて妻を押し倒しました。
追われて暴れる妻の浴衣ははだけておっぱいが丸見えでした。

「わかったわかったから、あっちの部屋でしようよ見られると恥ずかしいから」
妻はそう言いましたが、うつぶせにされて男にパンティーを下げられてしまいました。
ぐいっと腰を持ち上げられると、妻の真っ白い尻の割れ目に男は顔をうずめました。

「あはぁーん、気持ち悪いあああっやめて..ダメダメ。あああっ」
色っぽい声が響きました。
「うはぁーたまらん光景だなぁー」
もう一人の男が言いました。
「なんかすごくエロぉーい、旦那さんの目の前で他の人にあんなのされるってエロぉーいキャッキャッ」
女の子が喜んでいました。

次にじゃんけんをして勝ったのは女の子でした。
*三回勝負が終わるまでAとBは裸になる*  でした。
女の子は刺青男ともう一人の男を指名しました。
二人は全裸になりました。

「あーっ、Uさんちんちんが立ってる、奥さんのお尻を舐めて興奮したんでしょアハハハハ」
刺青男のペニスは半分立っていました。
妻は恥ずかしそうにうつむいていました。

刺青男はまた紙に何かを書いてトレイの紙を半分ほど入れ替えました。

「何を書いたんです?」

私が聞くと

「裸の人に裸になれと指示してもしょうがないから入れ替えたんだよ」

「あんまりどぎついのはダメですよ」

「いいじゃなか、みんな楽しんでるし、ねぇー奥さん」

「アハハハハ、私はもう負けないからいいわよ」

妻も酔って調子に乗っていました。

そして次にじゃんけんに勝ったのはまた女の子でした。

「きゃぁーーいやぁーん」女の子が叫んで紙を放り投げました。

*AはBのあそこが立つ(濡れる)まで舐める*

でした。

女の子はケラケラ笑いながら

「いいの?いいの?ほんとに指名しちゃうよアハハハ

じゃあAがUさんでBがYさん」

「おいおい、男同士かよそりゃないぜ」

「ダメダメ、それもありでしょ」

「まいったなぁー」

「やって見せてよ、私みてみたぁーい」

刺青男はとうとうもう一人の男のペニスを咥えました。

「おいおい、Uさんのフェラで勃起したくないよ、うへっ」

妻が男の耳元に近寄って

「ねぇー気持ち良いでしょ・・・あはぁーん」と囁きました。

「きゃぁーすごーい、立ってる立ってる、Yさんけっこう大きいんだアハハハ」

男の股間から立派になったペニスがそそり立っていました。

次のゲームを再開しました。

次に勝ったのは妻でした。

「キャハハハハ、あなた参加してないから楽しませてあげるわ」と紙を出しました。

*AとBは裸でシックスナインをする*

妻は私と女の子を指名しました。

私と女の子は全裸になってシックスナインを始めました。

「ええなぁー旦那さんはエエ役だなぁー」

女の子のテクはなかなかのもので私はすぐに勃起しました。

女の子も色っぽい声を上げながら悶えていました。

「うわぁーたまらんな、したくなってきたよこのチンポ奥さんに入れるなんてカード出ないかな」

Yが股間をしごきながら妻を見つめました。

妻はゴクンと唾を飲み込んで男のペニスを見ていました。

次に勝ったのはYでした。

「くそっ俺が勝ってもプレイできないんだよな」

そう言いながら紙を開きました。

「うわぁーーっ、とうとう出ました。とうとうです。」

男は紙をテーブルに出しました。

*隣の布団でAとBはエッチする*

でした。

「これは、せっかく準備した二人にやってもらおうかな」

男は私と女の子を指名してきました。

私と女の子はすでにシックスナインでお互い準備オッケーだったので二人で布団に入りました。

そしてしばらく愛撫を続けると二人はつながりました。

女の子は大きな声を上げ始めました。

そして隣の部屋からは三人が覗いていました。

「あぁーん、だめよ」

ふと見ると、刺青の男が妻の股間に手を入れていました。

妻は男に股間をもまれながら見ていました。

そのうちにもう一人が妻の乳房を吸い始めました。

そのまま妻は向こうの部屋に引きずられるように連れて行かれてしまいました。

私は隣から聞こえる妻の悶える声を聞きながら15分ほどして女の子に射精し、急いで隣の部屋に行きました。

全裸の妻を嘗め回しているのはYでした。

そして妻の口には勃起したUのペニスが入っていました。

その時、妻と目が合いました。

妻は恥ずかしそうに目をそらし、私をシッシッと追いやるような手つきをしました。

「すごくエロいわね、奥さんが3Pするところって、あっちでもう一回する?」

私は窓際のソファーに座り、女の子にフェラをさせながら妻が抱かれるところを見ました。

妻の両足が広げられてUがその間に入りました。

男の股間からは妻に舐められて勃起したペニスがニョキッとそそり立っていました。

男はそれを妻の股間に当てて入っていきました。

眉間にしわを寄せながら男は出し入れしながらゆっくりとペニスを入れました。

「わぁー今日は前よりも熱いよ、チンポが痒くなりそうだ奥さんのここは絶品だな」

「なんだ、Uさん奥さんとしたことあるんですか?」

「はぁうっはぁうっイイ、すごくいい」

妻は座布団をわしづかみにして悶え始めました。

その夜妻は、Uに2回抱かれ、Yに2回、私に1回計5回3人の男に抱かれました。

妻の股間から流れ出た精液があちこちに溜まっていました。

そして朝目が覚めると、Yと妻が朝からつながっていました。

それ以来、Uは色々な男を私の家に連れてくるようになりました。

そして妻はそれを楽しみにするようになりました。