妻の友達に誘われてスワッピングをしました。
私も妻も41歳です。
妻の友人は近くでスナックを経営している女性で34歳のとてもいい女です。

私もよく飲みに行くので顔見知りでしたが、その女性から私に日曜日にスワッピングをしないかと誘われました。
私は内心、ママを抱けると思うと嬉しくなり妻を口説きました。
妻は私の知る限りでは、結婚してから私以外の男性を知りません。
妻は私から見ても、いい身体をしていて顔も40歳を過ぎて特に色っぽくなったように思います。

日曜日に彼女と彼女の彼氏?旦那?と思われる50歳くらいの男性と4人でホテムルに行きました。
女性同士の話し合いで別室プレイとなりました。
お互い相手を交代して部屋に入り、私が先にシャワーを浴び次に彼女がシャワーを浴びました。

彼女がシャワーから出てきて「ごめーん、生理になっちゃった。ごめんなさい」
ということで、私と彼女のプレイは無しになり、二人でビールを飲みながら話しをしていました。
しばらくして、彼女に電話がかかり大事な用事があるからと彼女は帰ってしまいました。

しばらく一人でビデオを見たりしていましたが、私は妻のことが気になり始めて、妻の部屋に行きました。
部屋を開けた瞬間、妻の大きな喘ぎ声が部屋中に響いていました。
向こうは私が入ってきたことに気づいていなかったので失礼かと思い、私は入り口でしばらく待っていました。

「思ったとおりだ、奥さんはいい身体をしているね、穴の中も熱くて気持ちいいよ。チンポがとろけそうになるよ。前から奥さんを抱きたかったんだよ、ハァハァハァ」
「あーん、恥ずかしいあうっあうっ」
「もうだめだ、イキそうだ」
「ゴム、ゴムを付けてハァハァハァ、あああっ」
「そんな気分の出ないこと言うなよ、他人の奥さんに出すからエロさが増してくるんだよ。あああっ出るっ」

「中に出さないで、主人と約束したのああーん、中はやめて」

私は中に出すのはルール違反だと言おうと奥に行きました。

そのとき、私は声が出なくなりその場に立ちすくんでしまいました。

男の背中に刺青があるのです。

私は全裸の妻の上に乗り、白く大きく開いた股の間で腰をぶつけているゴツゴツした男の姿を立ちすくんで見ていました。

男はすごい勢いで腰を振り始めました。

「奥さん、奥さん、出るよ出るよううっうっ...はぁーっ」

「あーーん、中はダメなのにあああっ気持ちいいっいっいくぅーーっ」

妻は男の背中の刺青をかきむしるように爪を立てていきました。

しばらくして男は妻から離れると、私に気づきました。

「ああっ、どうも、マキちゃんは?」

マキちゃん?...私はそのとき騙されたのでは?と思いました。妻を抱くための芝居だったのでは?

「用事があるからと帰りましたよ」

「ああそう」

「ああそうって、気にならないんですか?あなた本当にマキちゃんの旦那さんですか?」

立ち上がった男のペニスの先から糸を引いて精液が滴り落ちていました。

まだ萎えきっていないペニスは私よりも大きく立派なものでした。

妻は、布団にもぐったまま顔を見せませんでした。

「悪かったよ、マキの店であんたと奥さんを見かけたときにあんたの奥さんを抱いてみたいと思ったんだよ。予想通りすごくいい女だよ。スタイルも良いし、顔もきれいでセックスも思ったとおりの最高の女だよ」

「あなた、私の女房を抱きたかっただけですか?そりゃあんまりじゃないですか」

私は怒りましたが、すでにやられてしまったものはどうしようもありませんでした。

妻に服を着させて私たちは帰りました。

「私...ごめんなさい,刺青があるなんて見えなくて全然気づかなかった。」

妻は私に謝まりました。どうしようもないことです。

「お前、気持ちよさそうに喘いでいたな、そんなに良かったのか?」

「・・・・うん」

私はやり場の無い怒りと、ママを抱けなかった悔しさと自分のすけべ心から出た報いだと悔やみました。

しかし、初めて自分の妻が他の男に抱かれるところを見た興奮は目に焼きついていました。

今まで三ヶ月に一度くらいしか妻を抱いていなかったのにそれから毎日妻を抱きました。

妻を抱きながら、あの男に抱かれていた妻を想像するとすごく興奮しました。

「私があの人に抱かれてから、あなた毎日してくれるのね、私が他の人に抱かれるのってそんなに興奮するの?」

「ああ、どうしようもなく興奮するよ。

あの男に抱かれて大声で喘ぎながらあいつの精液を出されたところを思い出すとたまらなくなるよ」

「私も、すごく気持ちよかった、あなたが部屋に入ってきたのは気づいていたわ。

他の人にされながらあなたがそれを見ていると思うと私気が狂いそうなほどあの人のちんちんが気持ちよく感じたの。

私、もう一度抱かれても良いかなっておもうようになったの」

「ばかやろう、相手はヤクザだろ」

そんな話しをしながら平和な日が続きました。

そして先日、そのスナックの常連客で忘年会をすることになり近くの温泉旅館に一泊二日で泊まることになりました。

その忘年会にあの刺青の男も来ていました。

夕方に到着し宴会まで時間があったので風呂に入りました。

露天風呂であの男が私に近づいてきて、

「あの時は悪かったよ」と謝りました。

「もういいですよ」と言うと気を良くしたのか調子に乗ったのか、

「今夜もどうです?宴会の後、奥さんと3Pでもやりますか?」

と言うので、

「調子に乗らないでください。私怒っているんですよ」と答えました。

しかし、男のペニスが気になってしょうがありませんでした。

この大きなペニスが妻の中に精液を放ったと思うと悔しいけれど興奮してきました。

しばらく男と離れて身体を洗ったりしていると他の客たちは風呂から出て行きました。

その時、風呂の隅に座っている私のそばに男が近寄ってきました。

「おいおい、ちょっと来て見ろよ女風呂が見えるぞ」

男のペニスは半分勃起していました。

私はつい誘われて一緒に茂みの奥に行きました。

竹で作った柵があるのですが、一本折れて女風呂が丸見えでした。

そして、スナックのママや女の子と、私の妻もいました。

私の妻はその中でもひときわ色が白く、乳房が大きく色っぽい身体をしていました。

私はママの身体を見ていると

「やっぱりあんたの奥さんは最高だよ、あのヘアーのクリトリスを舐めるといい声で鳴くんだよ、もう一回あの身体を嘗め回してみたいなぁ」

男は自分のペニスをしごきながら妻の裸を見ていました。

私は男の勃起したペニスのほうに興奮してしまいました。

そのときに、もう一度妻を抱かせてみたいと思いました。

やがて宴会が始まり、終わりそして他の人達は近くの外人パプに二次会に行きました。

私は妻と部屋に戻りました。

妻に覗かれていた話しをしました。

妻はあの男に覗かれて、あの男が妻の裸を見ながら勃起していた話をきいて興奮しました。

しばらくして男から電話がありました。

今から部屋に行っても良いかとの事でした。

私はOKすればまた妻は抱かれるとわかっていながらOKしてしまいました。

しばらくして男が部屋に来ました。

しかし一人ではありませんでした。

別の男一人と、スナックの女の子を一人連れていました。

私は今夜妻を抱くことはあきらめたのだと残念と安心の入り混じった気持ちでいました。

やがてお酒が入ってくると男は紙に何かを書き始めました。

20枚くらいの折りたたんだ紙をトレイの上にガサッと置くと、ゲームを始めようと言い出しました。

じゃんけんで一番勝った者が紙の中身を読み上げて、指名された二人がその指示に従うというものでした。