結局何も出来なかった僕。
裏切っていたサトシは許せないと思うけど、それ以上に妻が信じられなかった。
イヤイヤと言いながら、結局おかわりまでした、、、

だけど、一番怖いのは、浮気していたことを、まったく僕に気取られずに今日まで来たことだ。
僕が鈍感なだけかもしれないが、それ以上に女は怖いとあらためて思い知った。

そして、色々と考えて眠れずに、結局朝になった。
今日は休みなので、ゆっくり寝ようと思っていたが、それどころではなかった、、、

僕はとりあえず頭をしゃっきりとさせたくて、コーヒーを入れ始めた。
妻は、サトシに運ばれて、ソファの上で毛布をかぶって気持ちよさそうに寝ている。
そりゃ、失神するまで気持ち良いセックスをすれば、良い睡眠が出来るだろうと思う、、、

そして、コーヒーを入れ終わる頃に、
「私も飲むー」
と、妻が甘えた声で言ってきた。
僕は、メチャメチャ狼狽した。
「あ、これ飲んでて」
焦りながら、自分が飲んでいたのをとりあえず渡した。

それをニコニコとした顔で受け取りながら、一口飲み、
「ふふ。 間接キスー」
と、嬉しそうに言った。
さっきまで、他の男と生ハメ中出しセックスをしておきながら、よくこんな態度が取れるものだと、逆に感心した。
だけど、可愛いと思う僕もいる、、、

思わず
「じゃあ、直接」
そう言って、妻にキスをした。
キスをして、すぐにさっきまでサトシとキスをしてたな、、、 うがいもしてないじゃん、、、そう思って、凹んだ。
と言うか、今の妻の体内には、少なくても2発分のサトシの子種が入っているはずだ、、、

そういえば、サトシは妻に服を着せるときに、ショーツとあそこの間に、ティッシュを挟み込んでいた、、、
アレは、精子が流れ出てきたときのことを考えた配慮だと気がついた。

そんな事を自然の流れでするくらいに、妻に生で注ぎ込んでいるのかと思うと、泣きそうだ。

僕らには、まだ子供はいない。結婚して半年も経っていないので、まだまだこれからだと思っていた。
なので、僕は妻と避妊をしながらのセックスしかしたことがない。

妻の生膣を味わったことがないと言うことだ、、、
妻は、僕と初めてしたときに、処女ではなかった。
でも、経験が少ない感じだった。僕以前には、一人としか付き合ったことがないと言っていたし、それを信じていた。

演技だったのかも知れない、、、
そんな黒い思いが浮かんできてしまった、、、

「ねぇ、せっかく早起きしたから、今日はデートしよっ!!」
元気いっぱいの妻、、、
思い切りストレス解消して、ぐっすりと深い眠りをして、フル充電した妻はハイテンションだった、、、

結局、僕は色々な思いを少しも表に出せずに、いつも通り妻の言いなりで一日をスタートさせた、、、

そして休日を終えて、会社に出勤した。
サトシと顔を合わせるのは気が重かったが、サトシも驚くほどいつも通りだった。
と言うか、もう慣れたものなのだろう、、、
この、チャラいけど人の良い笑顔の下で、僕を馬鹿にしているのかも知れない、、、

「先輩、勝手に帰ってすいませんでした。先輩が寝てすぐに、かおりさんも寝ちゃったし、俺も先輩が寝た後すぐに帰りました。二日酔いでした?。」
心の中でウソつけと思いながらも、何も言えない僕は、ヘタレなんだろう、、、

「あぁ、うん、ちょっと頭痛かったよ。 かおりは平気だったみたいだけど」
「かおりさん、酒強いッすもんね。 また週末カラオケしましょうよ!」
「あ、そうだね。でも、家で飲まない?たまにはゆっくりしよう」
「良いっすね! じゃあ、なんか良いつまみ持ってきます!」
と、月曜日にして早くも約束をした、、、

金曜日とかは、こんな感じで妻とサトシと僕とで、カラオケしたり、ボーリングしたりして、食事をしてから家で飲むパターンが多い。
今回は、ちょっと試したいことがあって、家でゆっくりしようと誘った。

帰宅後、妻に予定を話すと
「はぁーい じゃあ、気合い入れてごはん作るね!」
「ごめんね、サトシしょっちゅう遊びに来て、ウザくない?」
「え? 大丈夫だよ。 けっこう面白いし、タッくんも楽しそうだし!」
「そっか、じゃあ、よろしくね」
と、こんな会話をした。

やっぱり、僕には妻が浮気しているなんて気がつけないと思った。
この会話も、この前のアレさえなければ、なんの違和感も感じなかったはずだ。
不審なところは一つもない感じだ。
妻もサトシも、悪人ではないと思うが、これだけボロを出さないのは凄いと思う、、、、

そして、あっという間に週末が来た。
ただ、前日に妻におねだりされて、セックスをした。
しかし、妻の上で腰を振りながら、サトシが来る前日は、ほぼ必ずと言っていいくらい、妻からのおねだりでセックスすることに気がついた。

妻なりに、サトシが遊びに来ても、セックスしないようにという決意の表れだと思った。
前日に僕として欲求不満を解消しておけば、サトシと変な空気になっても、我慢出来る、、、そんな考えなのではと思った。

そして、当日になった。
早めに会社を出たサトシ。
「じゃあ、お先っす。つまみ買って行きます!」
調子よく言いながら、サトシが出て行った。

そして帰宅すると、妻が料理を作っていた。
「おかえりなさぁーい へへ。結構気合い入れて作ってみた。」
確かに、こたつの上には色々と乗っている。
真ん中の鍋に入ったブイヤベースには、カニなんかも入っていて、豪勢な感じだ。

「良い匂い。お腹すいちゃったよ」
「もう少し待ってね! もう出来るし、サトシくんも来るんでしょ?」
「そうだね」
「じゃあ、これ飲んでて!」
そう言って、缶ビールを渡してくる妻。
これも考えてみれば、早く僕を酔いつぶそうという考えなのかも知れない、、、

僕は、飲んでるフリをしながら、密かに中身をトイレに捨てた。
今日は、トコトン飲むのを回避して、酔ってるフリをするつもりだ。

そして、すぐにサトシが到着して、夕食が始まった。
「マジ、お店みたいに美味いね!サイゼリアみたいじゃん!」
「ちょっとぉー それ、褒め言葉になってないと思うけど」
「あぁ、すんません。俺の中ではサイゼリアがナンバーワンなんで。」
「はいはい。」

調子の良いサトシの言葉も、今までならば心から笑えたと思う。
しかし今は、この二人の仲の良さ、息の合った感じが怖い、、、

「ね?先輩もそう思うでしょ?」
僕にフリながら、酒を注ぐサトシ。
僕は、飲んだフリをしながら
「あぁ、そうだね、メチャ美味いよ!」
「ホント?嬉しなぁ」
妻が嬉しそう言う。

「ホントホント、サイゼリア並みに。」
サトシが茶々を入れ、
「もうっ!バカ。」
と、妻がまんざらでもない感じで言う。

僕は、飲んでるフリをしながら、隙を見て酒を台拭きにしみこませたり、サトシのコップに移し替えたりしながら、ほぼ酔わずにいた。

それでも、
「ちょっと飲みすぎたー トイレ行ってくる」
そう言って、トイレに立つ。
そして、トイレの扉を薄く開けたままにして、聞き耳を立てる。

「バカ、ダメだって」
扉を開けて、意識を集中していないと聞こえないレベルのボリュームだったが、確かに妻のそんな声がした。
「いいから、舌出せよ。」
サトシの小声も聞こえた、、、

二人は、キスでもしている様子だ、、、
今までも、僕が席を外したすきに、こんな事をしていたのだろう、、、

妻もサトシも、スリルにハマっていったのかもしれないが、もっと注意をして欲しかった。
どうせなら、知りたくなかった、、
そして、何もしていないけどレバーで水を流して、一呼吸置いてからドアを開けてリビングに戻った。

戻ると、不自然なくらい間を開けた二人がいた。ちょっと吹き出しそうになりながらも、座ると、
「そろそろ、おじや作る?」
と、妻が言ってきた。

「あぁ、いいね!」
僕が答えると、頼んでもいないのにサトシが酒を注ぎながら
「出来るまで、飲んでましょうよ!」
と言った。

考えてみれば、サトシは僕に凄く酒を飲ませる。
早く僕を潰して、妻とセックスしようと言うことだったのだろう、、、

僕は、相変わらず飲むフリをしながら、酔ったフリも始めた。
そして、おじやを食べている途中で、
「ダメだーちょっと休憩」
と言いながら、横になった。
「飲み過ぎだよー 風邪引いちゃうよ?」
そう言いながら、妻がタオルケットを掛けてくれた。

この一見優しい行動も、僕の睡眠を深くするためのものかと勘ぐってしまう、、、
そして、寝たふりをしながら二人の会話を聞く。

「先輩、酒弱いっすね。」
「サトシ君が飲ませるからでしょ!」
「それにしても、これ、マジ美味いっすね。」
「サイゼリア並みなんでしょ?。」
「そうっす。 でも、こんなの作ってもらえて、先輩は幸せですね。」

「へへ。そう思う? サトシ君も、良い人作らないと。」
「そうっすねー そろそろ俺も結婚したいかも」
「え?相手いるの?」
「いるに決まってんじゃん。 伊達にチャラくないっすから。」
「いやいや。 チャラいから、相手いないんでしょ。」
「まあ、そうとも言う。」

「でも、セフレは何人いるんだっけ?」
いきなり妻が下ネタに走る。
「今は二人っすよ。」
「私も入れて?」
「えっ?かおりちゃんはセフレじゃないっすよ!」
「じゃあ、何?」
妻が、小悪魔っぽい口調で聞く。

「そ、それは、、、大切な人かな?。」
「ぷっ。 嘘つき。 都合のいい女でしょ。 結婚しろとか言わないから。」
「そんな事ないっすって! マジ、結構惚れてるッすもん」
「はいはい。 ありがと。」
「あぁー! 信じてないし。 俺、マジですよ!」
「だったら、私と結婚出来る?」
「えっ?先輩いるし、、」
「マジなら奪えるでしょ?」
妻が、真剣な口調で言う。
まさか、、、 吐き気がしてきた、、、

「先輩と、、、別れるんですか?」
サトシが、緊張した声を出す。

「別れたら?」
「それは、、、結婚するっす」
サトシが、観念したように言う。
「ぷっ。 冗談よ。 サトシ君のために別れるわけないじゃん。」
妻が、楽しそうに言う。
「なんだよー 焦ったって!」

なんだこのやりとりは、、、
サトシが無理矢理している、、、脅してしている、、、
そうだと思っていた。
この会話を聞く限りでは、妻が主導権を持っている感じだ。

「サトシ君って、意外とビビりだね。」
「うっさいなぁ。 でも、確かにかおりちゃんの方が度胸あるよね。 普通は結婚式の控え室でしないもんね。」
「さぁ?何のことかわかりませんが。」

「とぼけんなよ。 ウエディングドレスで中出しされて、ティッシュで精子抑え込んで挙式とか。 AVじゃん。」
「アンタが無理矢理したんでしょ!」
「なに言ってんの。 アイコンタクトで呼びつけたくせに。」
「まぁ、いいじゃん、そんな昔話は」
「昔って、半年前じゃん。」

気が狂いそうだ、、、
結婚前からやっていた?
しかも、式の当日に中出しされていた?
僕が、永遠の愛を誓って指輪をはめたのに、その直前に他人のチンポをはめていた?

誓いのキスをしたときには、体内に他の子種が入っていた?
さすがにキレそうだ、、、
だけど、逆に言えばこれでもキレられない僕は、ダメ男なんだろうと思う、、、

「何してんの?。」
「何って、ファスナー降ろしておちんちん取り出していますけど?それが何か?」
「なんで半ギレれなんだよ。て言うか、電気消して場所移そうぜ」
「いただきます。」
「聞いてねーし。 あぁ、、かおり、気持ち良い、、、」
ピチャピチャいう音が響く。

僕が寝ているすぐ横で、妻が自分からサトシのチンポを取り出して、フェラを始めた、、、
もう、ずっと悪夢に迷い込んでいる感じだ、、、、

妻を、少し気の強いところがあるが、清楚で奥ゆかしい女性だと思っていた。
まさか自分の妻が、こんな糞ビッチだったなんで、想像すらしていなかった。

「今日はいつもより固いね。 溜まってるんじゃなぁい?」
妻が、からかうような、それでいて楽しそうな言い方をする。

「まぁね、月曜に約束したから、今日までオナ禁してみた。」
「ウソつけ。 オナニーなんてしないくせに。 セフレと都合が合わなかっただけでしょ。」
「そうとも言う。 でも、この特濃の1発目は、どこに欲しい?。」
「中に。 って言いたいけど、止めとく。 濃すぎて、安全日でも出来ちゃいそうだから。飲んであげるから、早く出して。」
「マジで? ひひっ、嬉しいな・・・うっ、で、出る・・・」

僕は酔って眠ったふりをしながら、もうピクリとも動けなかった。