今日は、会社の後輩が家に遊びに来て、調子に乗って飲み過ぎて潰れたようだ、、、
いま目が覚めたが、今が何時なのか、それどころか自分がどこで寝ているのかも、一瞬わからなかった。頭もガンガンする、、、
とりあえず、自分がリビングのこたつに入ったまま寝ていた事は理解した。
そして、こたつで寝たからだと思うが、猛烈に喉が渇いている事に気がついた。

とりあえず、水かな?と思っていると、人の気配と物音?声?に気がついた。
あぁ、妻か、、水持ってきてもらおう、、 そんな事が頭をよぎったが、すぐに水でもぶっかけられたような気持ちになった。

「ダメぇ、、抜いてぇ、、 ホント、もう無理、声、、出ちゃうぅ、、 ンンあっ、、、」
妻の嬌声だった、、、 薄暗いリビングの端っこのソファの上で、人影が二つ重なっている。
「だから、その声で起きるって。 黙って締めてろよ。 すぐイクから。」
後輩のサトシの、いつもの明るくチャラい感じとは違った、冷たい声が聞こえる。

よく目をこらしてみると、ソファの背もたれに体をもたれさせて、座面に膝をつき、バックからサトシにやられているようだ、、、

僕は、慌てて引き離さなきゃと思ったが、体が動かなかった。
サトシに対して、先輩と言いながらも頭が上がらない僕は、一言で言うと彼にビビっている。

気弱な僕は、喧嘩もした事がないし、人に強く意見を言えない。
サトシは、そんな僕に対しても馬鹿にした態度を取らずに、会社でも凄く僕を立ててくれるのだけど、よく日に焼けていて、茶髪でスポーツ万能で良いガタイの彼に、僕は密かにビビっている。

だけど、今はそれどころではないし、犯されている妻を助けないといけない。

 妻は黒髪眼鏡という清純タイプだが、僕より半年生まれが早くて、学年が一つ上なので、姉さん女房風だ。
尻に敷かれている感じはあるけど、幸せな新婚生活を送っていた。

妻は、ルックスこそ抜群というわけではないが、不細工でもない。
眼鏡をかけるようになってからは、眞鍋かをりっぽいと言われるが、しょせんその程度だ。
ただ、体は凄い。

ウエストがくびれていて、うっすらと腹筋が見えるくらいなのに、胸はFカップあり、しかもツンと上を向いていて垂れていない。
下手なグラビアアイドル以上のその体に、僕は骨抜きになっている。

その妻が、今レ××されている。
すぐに助けなきゃと思い、動こうとした矢先、
「わかりましたぁ、、 締めるから、、、早くイッて、、 あぁっ! もう、ダメ、、イキすぎて死んじゃうよぉ、、、」
と、妻がうめいた、、、

イキすぎて?無理矢理されているんじゃないのか?
パニックになるが、サトシが言う。
「おぉ、スゲぇ締まってきた。良い感じ。 そのまま締めてなよ。」
そう言うと、腰を強く振り始めたサトシ。

ソファがギシギシ言うし、
「ンあっ!! あぁあ、あぁ、、ダメぇ、、 声、出るぅ、、 あっ! あっ! んんーーーっ!!!」
と、妻も声が抑えきれなくなっている。
僕がいるのを忘れているように、セックスをする二人、、、
まだ夢の中にいるのかな?と、思ってしまった。

「おぉ。 またアナルパクパクしてるじゃん。 イキすぎだって。」
「んおぉおぉんっ、、 ダメェェ、、 だって、、 こんなの、、 ヒぐぅ、、、 こんな所突かれたらぁ、、イッちゃうよぉ、、、、」

「かおりは奥が好きだな。 ほら、ほら、こうだろ?」
「ングッ! んんっぐぅっ! それ、ダメぇ、、 だ、め、、 あ、あぁぁ、、、 また、、イ、ク、、、」

「すげぇな。 たまってた?。 て言うか、声出しすぎじゃね? 先輩起きるぜ。 あぁ、見てもらいたいのか。」
「ちがっ! 違う! あぁぁっ! で、も、、ダメぇ、、声、、止まんない、、止まんないよぉ、、  もうイってぇぇ、、、」

ダメと思いながらも、感じている様子の妻。
初めは無理矢理だったのかも知れないが、今の状況は、どう見ても妻も感じているし、楽しんでいるようにすら思えてしまう、、、

俺がすぐ近くで寝ているのに、バックでガン突きされている妻は、どうやら全裸だ。
薄暗い中で、グラビアアイドルも驚くほどの形の良い巨乳が、ブルンブルンと揺れているのもわかる。

さっきの妻の言った言葉から考えると、すでにかなり前からセックスしている様子だ。
そして、イキまくっている妻。
実際に、僕が目を覚ました後も、イッた様子だ。

無理矢理されているのなら、迷う事なく助けに行ったと思うが、妻が感じてイッていることによって、どうして良いのかわからなくなってしまった。
もちろん、僕が冷静な状態ならば、それでも助けに行ったはずだが、とにかくパニックだった、、、

「あぁ、たまんね。 イクぞ。 このまま出すぞ。」
「ダメっ! それは絶対ダメっ!! 外で! 外でイッてっ!!」
「て言うか、もうイッてるし。 手遅れ。」

「あぁぁ、 そんな、、 あ、アアッ! ダメぇ!! ンあっっ!!」
「ダメとか言って、出されてイッてんじゃん。」
「うぅあ、、あ、、 酷い、、酷いよぉ、、、 出来ちゃうよぉ、、 赤ちゃん出来ちゃうよぉ、、」

ほとんど泣き声の妻、、、 中で出された? 生ではめてた?
僕は、太ももがガクガク震えるのを抑えられなかった、、、

「大丈夫だって。 俺の薄いから。 それに、今さらだろ?。 いつも中出しじゃん。」
「うぅぅ、、、だって、、、 今日は、、、大丈夫じゃない日だもん、、、 酷いよ、、、」
「ほらほら、先輩起きちゃうぞ。 ちゃんといつもみたいに綺麗にしろって。」
「うぅぅ、、、 わかりましたぁ、、、」
そう言うと、薄暗い中で妻がサトシにフェラを始めた、、、

え?
いつもみたいに?
いつも中出し?
今日初めて襲われて、初めてサトシとセックスしたんじゃなかったんだ、、、

いつからだろう?
まったく気がつかなかった。
たしかに、しょっちゅうサトシはウチに来て遊んでいた、、、
泊った事もある、、、
頭の中に疑問が際限なくわき出てくる、、、

「ほら、ちゃんと肛門も舐めろって。」
「はい、、」

「あぁ、気持ち良い。」
「うぅ、、 もう、、これで最後にして、、、 もう、、これ以上裏切れないよ、、、」
「はぁ? 最初にかおりが誘ってきたくせに。」
「あれは、、間違えただけだよ、、、」
「なに言ってんの。 間違えに気がついた後も、触り続けてただろ。」
「そ、それは、、、 その、、驚いたから、、、」
「何に?。」
「、、、大きさ、、です、、、」
「俺も驚いたよ。 目が覚めたらかおりが俺のチンポ握ってたのには。」
「、、、ごめんなさい、、、」

「でも、いいぜ。 今日が最後でも。 俺もそろそろ先輩に悪いって思ってた所だし。 じゃあ、俺このまま帰るわ。」
「ン、、、、」
「なんだよ。 離せって。」
「、、、、、、」

「なんだよ。黙ってちゃわかんねーし。」
「もう一回、、、して、、、」
「なんで? 最後にするんだろ?。」
「さ、最後だから、、、もう一回、、、」
「はいはい。 何回目の最後だよ。 ほら、自分でまたがれよ。」
そう言って、ソファにどっかりと座るサトシ、、、

「うぅ、、、 イジワル、、、」
妻は、そんな事を言いながらも、ほぼノータイムですぐにサトシにまたがった。

そして、躊躇なくそのまま生で騎乗位で繋がる。
「危ない日なんじゃねーの?。」
「、、、そうだけど、、、」
「なに言いながら、腰振り始めてんだよ。」
「だ、だってぇ、、 急がないと、起きちゃうし、、、」
「起こすより、出来ちゃった方がヤバいだろ。」

「大丈夫、、、 多分、、、 あっ! あぁ、、ん、、 凄いぃ、、 奥が、、ダメだ、これ、、ダメ、、 ホントダメ、、 あっ! あぁぁっ!!」
「ダメと言いながら、腰振りすぎだろ。 すっげぇ子宮降りてきてるけど。」
「んんっ! あっ! あん あぁんっ 凄いぃ、これ、、当たってるぅ、、 あっ! アンっ!」

「声出しすぎだろ。 キスしろ」
妻が、騎乗位で腰を振りながら、サトシにキスをしたようだ、、、

「ンンーーッ! ンッ! ンッ! んんっ#9825; んっ#9825;」
キスをしながらも、甘いあえぎが抑え切れていない、、、

もう、どこから見ても、レ××されている女ではない。
それどころか、僕とのセックスよりも間違いなく気持ちよさそうだ。

僕が同じ空間で寝ているのに、ソファの上で、お互い全裸でセックスする二人。
しかも、妻が上になって腰を振り、妻の方からキスをしている、、、

絶望感が凄い。世の中に、こんな裏切りがあるのかと、心の底から驚いた。
そして、驚きが収まってきた僕は、どうするべきなのか考え始めた。
離婚?訴訟? だが、こんな状況でも、妻を嫌いになれない。何か事情があるはずだと考える僕がいる。

同時に、サトシに対しても、制裁するという考えになれない。
ビビっているというのもあるが、妻がどう考えても楽しんでいるので、一方的な怒りを持てないでいる、、、

まぁ、一言で言うと、腰抜けと言う事だけど、持って生まれた性格はどうしようもない、、、
そんな事を考えながら、薄暗い中でうごめく二人を見ていた僕だが、動きがあった。

サトシが、騎乗位で繋がる妻を、抱え上げて立ち上がった。
「ちょ、ちょっと、何、、どうしたの?」
声を殺しながら、驚きの声を上げる妻、、、
「たまには違った刺激が欲しいだろ。」

そう言いながら、妻を駅弁にしたまま歩き始めるサトシ。
さすがのパワーだと、感心してしまう。
そして、そのまま真っ直ぐ僕の方に来る、、、
慌てて目を閉じて、寝たふりをする。

「ダメっ! ダメだって、何考えてんの! ダメ!」
妻が、結構マジな感じで抗議する。
「黙れって。 起きるぞ」
ちょっと怖い感じでサトシが言った。

「だってぇ、、 ダメだよ、、こんなの、、、」
サトシは、駅弁から妻を解放して、それでもつながったまま妻を床に降ろして、立ちバックの体勢にした。
僕が寝ているこたつに両手を突き、立ちバックの体勢になった妻、、、

ドキドキしすぎて、心臓の音で寝たふりがバレないか不安になった。
しかし、不安になりながらも、薄目を開ける僕、、、

そして、サトシが動き始めた。
ゆっくりと、さすがに彼も僕を起こしちゃまずいと思っているのか、静かに動き始めた。
「ん、、 あ、、、  ン、、」
妻も、声を抑えている感じだ、、、

そのまま、静かに、浅く動くサトシ。
時折妻の吐息と、ニチャ、ヌチャと言うような、湿った音がする、、、

そのまましばらくその静寂が続いた。
それを破ったのは、妻だった。

「ち、乳首ダメぇ、、 声出る、、出るもん、、ダメぇ、、」
「なんだよ、カッチカチだぞ、おい。 ほら、静かにしろよ。」
サトシが、妻の巨乳を揉みながら、浅く静かに腰を振る。

「だ、だってぇ、、 じらすから、、、 敏感になってるよぉ、、、 あぁ、、 あっ、、 くぅ、、あぁ、、」
「じらすって? なに言ってんの。」
「うぅ、、、だって、、イジワル、、、」
「はぁ? 起こさないように、気を使ってるだけだろ。」

「、、うぅ、、、 奥に、、、奥まで、、、下さい、、、」
「ひでぇ。 先輩すぐそこにいるのに。」
「だ、だってぇ、、 こんなの、、こんなの我慢できるわけないよぉ、、、」
「だから、黙れって。 代わりにこっちに指突っ込んでやるよ。」
「ダメぇぇーーーっっ! それは絶対に、ダ、あぁぁっ!!!! ひグゥゥッ! ダメぇ、、汚いよぉ、、」
抑えているとはいえ、もう結構なボリュームで叫ぶ妻。

「おっ。 締まった。 マジ、可愛い顔してこっちも好きなんて、ド淫乱だな。」
「うあぁぁ、、 違うぅ、、 違うもん、、 あ、あっ! ダメぇ、、指、抜いてぇ、、 」
「逆に聞くけど、抜いて良いの?。」
「うぅあぁ、、 うぅ、、、あぁ、、、」
「なんだよ。 返事なしかよ。」

「、、、そのまま、、、で、良いです、、、、」
「良いですじゃねーだろ。 抜くぞ、オラ。」
「抜いちゃダメぇ、、 ねぇ、、もうダメ、我慢出来ないっ! 奥まで来て、、 奥まで入れてぇ、、」
妻が、声を抑えずに言った、、、

慌ててサトシが妻の口を手でふさぐ。
「馬鹿かっ!声出すなって!」
「わかったからぁ、、 はや、く、、ぅ、、」
そう言って、妻はこたつの上の台拭きを手に取り、口にくわえた。
「マジか。 ほんとセックス大好きだな。 行くぞ。」
サトシがそう言いながら、一気に腰を突き入れた。

「グぐぅーーんっ!!」
妻は台拭きを噛みしめながらも、かなりのボリュームでうめいた。
そして、ガクガクと足を震わせて、生まれたての子鹿のようになった。

「先輩の真横でイクなよ。 ド淫乱。」
その言葉に、ビクンビクンと体を震わせる妻。

もう、認めなければいけないと思った。二人は、相当長い期間、何度もセックスしていると、、、
そして、妻はこれで最後と言いながら、何度も同じことを繰り返していると、、、

「ンンーーっ! んーっ!!」
台拭きをくわえたまま、荒い息をする妻。
「なんだよ。 まだしろって?。」
「んんっ!」
台拭きをくわえたまままたうめく妻。どうやら、”うん”と言ったようだ。

「知らねーぞ。」
そう言うと、サトシは猛烈に腰を振り始めた。
妻のお尻の穴に指を突っ込んだまま、妻が壊れるんじゃないかと不安になる勢いで腰を振るサトシ。
僕はこんな風に腰を振った事はない。
僕は早漏と言う事もあり、もっとゆっくりとしか動けないからだ、、、

ガンガン腰を振るサトシ。
「ん゛ん゛ん゛ん゛っっーーーっっ!!」
台拭きを噛んだままうめく妻、、、

いきなりビチャビチャビチャッと水をぶちまけたような音がした。
「うわっ。 いきなり吹くなよ。 どうすんだよ、これ。」
そう言いながら、腰を振り続けるサトシ。
「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っっーーーっっ゛!!!!」
妻は、こたつに両手をついたまま、ガクガクッと震えて痙攣している。

「スゲぇ締まってんぞ。 ヤバ、もうイク、、 中でイクぞ。」
「ん゛ん゛ああ゛あ゛あ゛あ゛っっっ!!!!」
「イクっ!」

妻は、途中で噛んでいた台拭きを口から落として、絶叫して果てた、、、
そのまま、スコンと糸が切れた操り人形みたいな感じで床に座り込み、まったく動きもしゃべりもしなくなった。

「なんだよ、また失神かよ。 めんどくせぇ。 あーあ、ビッチャビチャ、、」
サトシが、そんなグチを言いながらも、床を拭いたり、妻の体を拭いたりしている。
そして、妻に服を着せ始める、、、
何とも言えない、慣れた感じで着せていくサトシ、、、
初めてではないらしい、、、

僕は、とんだ間抜け夫だったようだ、、、

そして、すでにスヤスヤと寝息を立てている妻を横に、手際よく片付けをしたサトシは、そっとドアを開けて出て行った。