私には今年4月に結婚した女性がいます。名前はユリといいます。
 年齢はお互い24で会社の同期です。
 出会って半年後に付き合いはじめ、私が去年の年末にプロポーズし結婚することになりました。
お互いの総意もあり、今は子づくりに励んでおりますが、今のところ彼女に妊娠の兆候はないようです。
 当たり前ですが、私は彼女をとても愛しており、彼女も私のことを好きでいてくれているきがします。
…ですが私はとても嫉妬深く、
 彼女が同じ職場の男性と会話をしているのを見るだけで腹を立ててしまいます。
 以前それが原因でケンカになってしまい、表に感情を出すのを控えております。(内心は以前と変わりません)

ちなみに私は今まで女性経験はそんなに豊富ではないため、
セックスは淡白だと自分でも感じており、少しコンプレックスでした。
 彼女は芸能人で言えば北野きいさんみたいな可愛らしいタイプで、
 異性からももてており、私と出会う前にも複数の男性と付き合っていたようです。

セックスをしていても長持ちせずに、
 私がすぐに射精に至って終わるのが常です。
 特に彼女が気にする様子はなかったので、
 得に改善しようとする努力はしませんでした。

 同じ同期に浩二という男がおります。
 身長は180(私は160)顔も整っており、かなりのイケメンです。
 彼は私とも仲良くいつも3人で食事などをしたり、飲みにいったりと、
 彼も私と彼女のことを祝福してくれていたので、
イケメンではあったのですが今まではそんなに警戒はしていなかったのです。

しかし、それが間違いでした。

ある夜私たち3人は居酒屋で飲み、電車で帰宅途中でした。
ユリと浩二は私の住んでいる駅の3つ前で降りる。
 家はそこまで近くないが同じ駅を使っていた。

 「じゃあね、昨日言ってた通りあたし、今日は実家に泊まるから」

ユリは先日、週末を実家で過ごすことを告げていた。
 私は2人が電車を降り、改札へ向かうのを確認したあとに電車を降りた。
 実は私は彼女の実家のカギを持っていた。
 私と彼女の両親は大変仲がよく、
 彼女のお父さんとは、2人でしばしば飲みにいく仲なので、お父さんの方からカギをくれた。

 私はにやにやしながら彼女の実家へ向かった。
 実は彼女の両親は週末は家にいない。
そのためにユリは実家に帰るのだ。
 私はユリを驚かしてやろうと、先回りをし家の中へ入り込み、
 彼女の部屋のタンスの中に身を潜めた。
 趣味は悪いが、こういう悪戯が私は好きだった。
 私はほろ酔いの中、彼女を待った。

バタン
戸が開く音がする。
 「・・・・・・ん?」
なにやら話し声がする。電話でもしているのか?

バタン
「あ~、ちょっと酔っちゃったね」
 「はは、でもいいのかよ。おじさんとおばさんは?」
 「大丈夫よ。今日は帰らないから」
 私は自分の目を疑った。
そこには浩二がいたのだ。

 私の心臓は破裂瞬然だった。
そして信じられない光景が目の前に映し出された。
ユリは浩二のズボンをおろし、しゃぶりついたのだ。
チュパ、チュポ
私のときにはありえない勢いで浩二のモノをしゃくり上げている。

 「ん~~、チュル」
 激しく顔を振り乱しているユリがそこにいた。
そして2人は抱き合い、お互いの衣服を脱がせながら激しいキスをしている。
 私は現実の物とは思いたくなかった。
しかし、下半身は破裂瞬然だった。
 「ねえ、浩二。もう我慢できない、いれて」
 「ああ」

 浩二のそりたったペニスは私の2倍はあろう巨根だった。
パンパンパンパン
部屋中にいやらしい音が響く。
 「あ~~~!!!すごい!あ、あん!ああああ!」
ユリは自ら腰を振りながら、大声で喘いでいる。
 私とセックスする時には見せたことのない姿だった。
パンパンパンパンパンパンパンパン!
 浩二はなおも勢いよくユリを後ろから突き続ける。
 私ならとっくに射精している。

 「あああ~~、ユリ、旦那とどっちがいい?」
 「あああ!!!あん!あ、浩二君の方がいいよ!ああ!!いくぅぅ~~!」
ユリの腰がガクッと落ちる。
 私は最愛の女性に裏切られる瞬間を垣間みて、涙を流した。
しかし、体は無情にも反応し、何とも言えない興奮が私の下半身を覆った。
 2人は体位を正常位にし、密着しながら喘いでいる。

 「はあはあ、いいのか?ユリ、もうおまえ結婚したんだろ?」
 「あああ!あんあん!こういうのって興奮するよね!
あ!あん、彼やさしいけどセックスは全然へたくそなの、
これからもこういう関係でいようね」
クチュ
2人は正常位で抱き合い激しく唇を貪っている。
 私は自分のペニスに手をはわせ、ゆっくりとしごきはじめた。
パンパンパンパン
 ユリは壁に手をついて浩二の方へ尻を突き出している。

 「あ~~~~!浩二君!気持ちいいよぉ!はあ、はあ、あああああ!」
パンパンパンパンパンパンパンパン
浩二がユリを突くたびに、ユリの形のきれいな胸が揺れる。きれいな髪の毛が振り乱れる。
 「あ~~、ユリ、今日はもういきそうだ」
パンパンパンパンパンパンパンパン!
 「あああ!来て!出して!中に浩二君の精子ぶちまけて!!!!」
 私のペニスはあっけなく射精に至っていた。
 呆然と眺めることしか出来なかった

「あああ!いいのかユリ!今あいつと子作りしてんだろ!いいのかこんなことして!」
パンパンパンパンパンパンパンパン!
 「ああああああ!!!いいの!この間彼ともセックスしたからバレないよ!
 浩二君の子供孕んでもばれないから、中にいっぱい出してぇぇぇぇ!!!!」
パンパンパンパンパンパンパンパン
「ああああ!いくぞ~!出すぞ!ユリーーー!!」
 「ああああ!!!!!きてきてきてぇぇ!
 浩二君の赤ちゃん欲しいのぉ!出してぇぇぇぇぇ!!!!!」
 「ああ!!!」

ドクンドクン

浩二のペニスから大量の精子がユリのまんこに流れ込んでいる
「ああ、ぁぁぁぁ、すごい・・・」
 私の精心はもはや崩壊瞬然だった。
 「はあはあ、興奮するなユリ」
 「はあはあはあ、うん・・・・浩二君ずっとセックスフレンドでいようね。
 2人目作るときも浩二君にお願いするから」

 2人は永遠とも感じる長い時間キスをしていた。