妻純子、五十代前半、結婚当初より性に対いしてとても淡白な女でした。 
ベッドの中では私がリードし、全裸にしないと行為をしようとしない妻です。 
いつもの様に、ダブルベッドに横たわる妻の、ネグリジェの前ボタンを胸元から全て外し、露になった乳房を唇で愛撫しながらショーツを脱がせ、陰毛に覆われた秘部を右手でこねるようにして愛撫を加えていた。 
乳首が大きく突き出し微かに喘ぎ始めた妻の裸体を眺めながら、この妻が夫以外の見知らぬ男に押し倒され、男の手で衣服を脱がされ、形良く膨らんだ乳房をその男の手で弄ばれたら、どんな反応をするのだろうか? 
ネットで配信された人妻を妻にダブらせて、色々な絡みを妄想した。 
その夜、妄想を実現すべく妻を口説いた。


「純子、今、君のオッパイを弄っているのが、知らない男だったらどうする?」 
夫を受け入れる準備が出来つつあった妻に、いきなり問い掛けた。夫の言葉の意味がいまいちわからず、怪訝そうな顔をして妻が言った。 

「えっ、あなた何のこと?知らない男の人が、私のオッパイをさわるわけないじゃない…」 
剥きだしになって、重たげにふくらむ妻の左乳房を 下からすくい上げるようにして突き出させると、固く尖った乳首を指で弾いた。 

「純子、純子が素っ裸にされて、知らない男に、このオッパイもここも、男にいいようにされて犯されるんだ!いいな!抱かれるんだ!」 

乳房から下腹部に右手を一気に下ろすと、秘唇をかき分けて二本の指を純子の膣に突っ込み乱暴に膣内で暴れさせながら、命令口調で言った。 

妻は目に涙を溜めて悲しげな顔をした。そして、腕を突っ張って私の身体を押しのけようとしながら 
「いやー!いたい!ひどいわ!あなた、なぜこんな乱暴なこと言ったり、したりするの?わたしが嫌いになって、別れたいのならはっきり言って。」 
私は、妻を強く抱きしめ、優しくキスをした。膣内の指は優しく粘膜を刺激するように変化させ 
「こんな素敵なからだの純子を、嫌いになったりしないよ。膣だっていつも入口が気持ちよくペニスを食い締めるし、中の方は狭くてペニスに絡んで気持ちがいいしね。」

妻は怪訝な顔に戻ると 
「だったらなぜ?わたしが知らない人に、抱かれなければいけないの?」

「わたしがいいと思っているだけでなく、純子を抱いた男達にとっても、いい女であることを確かめて、私の純子が、どの男にもいい身体をした女だ、と言わせ素敵な純子の身体を、自慢したい。

「頼むから、一度だけで良いから、抱かれてくれ!」

一気にすがる様に言った私の口説きに、妻は意地悪そうな笑みを浮かべ・・・・・ 
「あなた、いいの?このわたしがあなたじゃない男の人に…、乱暴に裸にされて、 
オ…オッパイを…!乱暴に 握られて…、わたしのだいじなところも弄られて…、純子の中にペニスを突っ込まれて、精液を出されるのよ!いいのね!」

「抱かれても!いい わよ!抱かれてあげるわよ!」これから、日奈久までに行きましょう!あなたが話した、女の人でも入れるストリップ劇場に行って、最初にわたしに声を掛けた男に抱かれるわ!」 

これから、出掛けても終演にじゅうぶん間に合う。妻の言葉に一瞬驚いたがこの機会を逃すと、後のチャンスはないとおもった。 
起き上がって、セクシーな下着、透けるようなブラウスとミニスカートを着た妻は化粧を整えた。 
男に抱かれる妄想をした妻は、まだ気をやっていなくて昂ぶっていた。 

既に準備を整えたわたしは、妻の気が変わらぬ内に、妻を車に乗せて連れ出した。 
車は夜の国道を、無言のままの純子を乗せて、目的地に着いた。 もう引き返せない不安と期待

ストリップ劇場に着き、妻の手を取り人目を気にして降ろすと、入口に向かった。 
劇場の入口にいた初老の男は、30分ほどで終演と告げたが、妻を見て察したように中に入れてくれた。 
道中、妻の本性なのか?願望なのか?乱暴に男に犯されたがっている。妻を意外に思った。 

「さあ、着いたよ。最初に声を掛けてきた男が、どんな男でも良いんだね?」 
「いいわ。いやと言っても、あなた承知しないでしょ?ここまで来たのだから、好きにして。」 

妻は吐き捨てるように言うと、ただでさえ下着が透けている、ブラウスのボタンをハーフカップのブラジャーに押し上げられた、乳房のふくらみが露になるほど外した。 
椅子席に座るまでの間、舞台から目をそらせた男達が、妻の乳房を食い入るように見ていた。 

最後の踊り子が踊り始めるころ、一人の男が妻の隣に移ってきた。妻を挟んで並んだ中年の男は、助平そうな風貌の男だった。すべて察しているような顔をして馴れた手付きで、いきなり妻の開いたブラウスの襟をかき分けた。 

「旦那さん、今夜これからホテルで、奥さんをいい声で鳴かせてあげるよ。いいよな奥さん。」 

抵抗しない妻を、やっぱりと言った顔をして、ブラジャーの中に右手を差し込み、左乳房をいやらしく、そして、やや乱暴に揉みはじめた。 

他の男達は遅れを取ったことに舌打ちをして、舞台に目を戻した。 
「旦那さん、行こうか?この先のラブホテルでいいだろう? 
3PもOKだからな」 

劇場を出て、車の後部座席に妻と乗り込んだ男は、道順とホテルの名を告げると、一旦、身なりを整えた妻のブラウスを剥ぎ取り、ブラジャーも妻のからだから引き千切るように剥ぐと、上半身を裸にされて乳房を揺らす妻に、男はむしゃぶりついた。 

「奥さん、劇場じゃ人目があって、拝めなかったがいい乳じゃないか。それに、スリムでいいからだだ。たっぷりと抱いてやるよ。俺のはでかマラだぜ!奥さん、うれしいかい?おっ、奥さんお汁が溢れているね。素っ裸になれよ!」 

男は、妻の膝を割って差し入れた手で、妻のショーツをずらせて陰部をいじったらしく、いやらしい顔つきで妻に命じた。 

さすがに妻が抵抗するかと思ったが、素直に車の中で残った衣服を脱ぎ始めた。 
その様子をバックミラーで見ながら、男に尋ねた。 
「おたくは、なぜ私たちが思い通りになると思ったんですか?」 

「それは、あんたらが入ってきたとき、劇場の親父が常連の俺に『あれは夫婦者だから、誘えば奥さんが抱ける。』と教えてくれたのさ。だいたい、女 と来る客は夫婦ものなら、男が女房を寝取らせるのが目的らしいね。だから、口説きはいらないから、『ささっと乳でも揉んでやれ。』って、言ったのさ。」 

納得の言葉だった。 
今夜の妻の意外な一面と、この助平そうな中年男は相性がいいらしい。 
教えられたラブホテルの入口ののれんを分けて車を駐車場に入れた。 
妻は全裸だった。服を着せるため、衣服をまとめて妻に渡そうとすると 
「旦那さん、あんたの女房は今夜、俺の性欲処理女だから、かってな真似はするなよな!」

妻を見て、目でいいのか?と、問いかけると 
「あなた、この人の言う通りにして…。わたしはいいの」 
「奥さんもああ言っている。旦那は黙って見ていてくれ。奥さん、名前を教えてくれ、 
素っ裸で部屋まで歩くぞ。いいな!」 

妻は男に命じられて 
「名前は純子です。裸の純子を部屋まで連れて行ってください」 
「思ったとおり、純子はMか?旦那が、気が着かなくって、悶々としていたのか?今日、抱いて気にいったら俺の奴隷にしてやろうか?」 
男の話で、妻の態度が豹変した謎が解けた。淡白に見えたのは、M性だったからの受身だったのだ。 

男は、妻の全裸の腰を抱きながらフロントの小窓に近づいた。そして、受付の女性に言った。 
「道具の揃った3Pできる部屋を頼む」 
受付の女性が小窓から覗くように、妻の全裸を見て 
「あなたの奥さん?綺麗な奴隷ね。SMルームでいいわね?鞭とロープと磔台は揃っているわよ」 

男はさらに付け加えた 「ローションと手錠をくれ」 
鍵と共に言われた商品を男に手渡すと女は前金を男から受け取って小窓を閉じた。ガチャリと音を立てて、純子の腰に回された両手首に、男の手で手錠が掛けられた。 
純子の両足が小刻みに震えている。手が背後に回されたせいで、乳房のふくらみが強調されて、大きく揺れていた。 

男が部屋の鍵を開けて、三人は部屋の中に入った。キングサイズのベッドの横の壁にX字型の磔台、入口近くの壁には様々な色のロープと冷たく光る鎖、色々な鞭が掛けられていた。 

「旦那は、その椅子で見ていてくれ、女房が調教される様を見て、オナニーでもしていてくれ」 
その間に純子は手錠を外され、磔台の革手錠に両手を括り付けられた。そして、男は全裸になって壁際に行き、房鞭を手にすると 

「純子、初めてだろうから、今日は優しくしてやるよ!まずはおまえと契りだな。どうだ、俺のマラは?おまえがいいプロポーションのからだだから、反応していつもよりでかいぞ!」 

男は、房鞭を脇にはさみ並の男より一回り以上大きなペニスを 自慢げに扱きローションを塗っていた。 
そして、妻の前に立つと、鞭を手にして、軽く数回乳房を打ち据えた。 
ピシッ!パンパン!パシッ!パン!パン!パン!パン! 

「いやーっ!ゆるして!ゆるしてください!言われることは何でも聞きます」 

「純子のアナルは未経験だな?処女はいただくぜ」 

男は鞭を床に捨てると、純子の両足を抱きかかえてペニスで狙いをつけ、腰を突き出した。

「いやー!ゆるしてください!そこはだめ!」 
ズボッ!鈍い肉の音がして男のペニスが純子の体内に消えた。宣告をわざと違えて、男のペニスは秘唇を分けて膣に収まっていた。 

「旦那!こっちへ来て良く見ろ!純子が俺の女になった様を。純子おまえの膣は狭いのか?窮屈でマラに襞が絡みつくぞ。それに、おまえは淫乱女だな、俺のマラを咥えて締め付ける。気に入ったぞ、いいからだだ!」 

男と妻の契りを確認するように覗き込むと、妻の膣口が大きく裂けるのでは?と、心配するほど開き、男のペニスを咥えていた。 

妻が言った 
「あなた!あっあぁーー、満足…。あなたの思い通りになりました。いやー!動かないでください。おねがい…。ハイ!いいです。もう…。他人じゃありません!あなたも純子の夫です。中にあなたのをください」 

男の囁きに答えて純子は中出しをゆるした。 

「旦那さん、気分はどうだい!純子は俺も夫だと認めたぞ。夫は妻のからだを自由にしていいよな?旦那さんいいよな?純子、まずは一発打ち込むぞ!」 

「ああー!あなた、いっぱい!いっぱいよ!」 
男に腰を押し付けて、秘所を男の下腹部に密着させて、妻は男の精液を体内に受け入れた。そして、気を遣って失神した。 

男がペニスを引き抜くと、妻の膣から大量の精液が毀れ出た。 
それを見て、嫉妬と奇妙な寝取られ気分を味わった。完敗だった。 

「妻がいいというなら、存分に抱いてやってください。」 
その夜、責められ続けて、意識がもうろうとしている時に、妻は男にアナルの処女を奪われた。