まず私、信也(30)。
妻、理沙(29)。

私たちは高校の時に出会い、21歳で結婚し5歳の娘がいます。
妻は私が初めてで私しか男は知りません。
外見は、友人から「理沙ちゃん可愛いいよなぁ」と言われるので、普通より可愛い系だと思います。
この歳まで私しか知らないと言うのは奇跡だと思います。

私の親が小さな建設業を経営してまして妻は事務をしています。
従業員は5人と少ないですが、まずまず順調に仕事はあります。

そんな中、先月中頃に出張の話が決まりました。
年に何回か出張はありますが、日帰り程度の距離でしたがゴールデンウィーク中に休み返上で東北地方へ1週間の泊まり込みの仕事です。
最初は戸惑いましたが、おいしい仕事なんでOKを出し行く事にしました。

子供は母に預けて、妻も食事を作る為に同行です。
従業員は皆さん年配ですが、1人だけ和樹(26)という若い従業員がいます。
和樹は私の後輩で、高校卒業後うちに入社し、妻とも友達の様に仲良しです。

そして東北へ出張です。
宿泊先は人数が多いので、現場のすぐ近くにある空き家の一軒家を借りる事になりました。
かなり建物は古く、お風呂は壊れて使えませんでした。
なので毎晩近くの温泉に通っていました。
車2台に別れて私たち夫婦と和樹、ともう1台です。
私たちは遊ぶ所がないので、毎晩風呂の後は、ゲーセンやらビリヤードやら遅くまで遊んでいました。
もちろんみんなは先に帰って就寝です。

そんな生活が4日続いた夜、いつもの様に風呂の帰りカラオケに行く事になりました。
私と和樹は酒を飲み、運転は妻。

二人でガンガン飲み、程よくなった頃に、前からあった願望が頭をよぎりました・・・。

妻はミニスカートを履いていて和樹が気にしているのが分かりました。
和樹がトイレに行った隙に妻に・・・。

私「なぁ和樹にパンツ見られたんじゃね?(笑)」

妻「え?んなわけないでしょ!飲み過ぎだよ!」

和樹が戻る前に荷物を移動し、和樹が妻の前に座る様に仕向けました。

和樹が戻り、視線に困っていました。
片手で見えない様に隠していましたが、熱唱すると両手でマイクを持つためにパンツ丸見えでしょう。
確認した時にピンクだったので薄暗くても見えたはずです。
それだけで今までにない興奮を覚えました!

妻も気付いたらしくガードが堅くなりましたが、たまに緩む時に和樹が送る股間への視線がたまらく興奮します!

程よくして店を出て帰宅の途につきましたが、このままで終わらせたくないと思い・・・。

私「ちょコンビニ寄って酒買って飲もうぜ!」

妻「どこで?捕まるよ!」

私「家の駐車場!どーせ家から少し離れてるし騒いでも大丈夫!家はみんな寝てるしな!」

妻はしぶしぶ、和樹は喜んで酒を買って帰りました。

田舎なので見える範囲には民家は有りません。
車を停め乾杯してスナックを食べながら仕事の話しやらプライベートやらの話をしました。
妻も酔いが回り呂律がまわりません。

そこで和樹に・・・。

私「なぁ、さっきパンツ見ただろ」

和樹「え?・・・見た(笑)」

妻「え~~~~~」

和樹「ピンクでした(笑)」

妻はかなり恥ずかしそうでした!

私「よし!ブラもお揃いかなぁ」

そう言いながら妻の胸を触りながら胸元を下げると、谷間と共にブラがチラ見えしました。
妻は嫌がりながらも、酔うとエロモードになるので満更ではありません。
まぁ和樹はイケメンなんで余計でしょう!

私「和樹!見えたか?」

和樹「いや!見えないっす!」

そこで私は席替え。
私が後ろ、妻は助手席、和樹を運転席に移動させ、室内灯を消し、後ろから妻の胸を鷲掴みにしました。

和樹「ヤバい!理沙さんエロい」

そして胸元を下げましたが、ブラから乳輪がはみでていて、これには和樹も声をだして興奮です。

私「触ってみな」

和樹「いいんすか?」

妻「ムリムリ」

そう言いながらも無抵抗です!

室内灯をつけると妻が嫌がりましたが、更に酎ハイを飲ませて誤魔化しました。
すかさずブラを全部下げ、和樹に全て見られてしまいました。
ずっと勃起しっぱなしでしたがこの時は心臓が爆発しそうでした!

和樹と妻の鼻息が荒いのがわかります。
私が乳首を責めれば和樹も反対側を責め、次第に妻から、「あっ」と声が漏れ・・・。

私「舐めてやって」

和樹が妻の乳首をしゃぶりだし、妻からはいつものアエギ声が・・・。

妻のアソコが気になり手を伸ばすと、パンツ履いてるのかすらわからなくなる程ヌルヌルでした!
パンツの上からでも糸をひく程濡らしています。
中に入れるとお尻まで濡れていて、私も我慢汁が出てしまいました。

和樹の手を持ち妻の股間に誘導すると・・・。

和樹「うわ~グッチョグッチョじゃん!」

妻「言わないで~」

そうでしょう、そこまで濡らしている妻は数える程しか記憶にありませんから。
本人も驚いていたはずです。

突然和樹が・・・。

和樹「やっべー勃起した」

これには妻も大爆笑です。

妻「これだけで?(笑)」

私はマンネリもあり、この程度では半立ちがいいとこです(汗)

私「じゃウソかホントかチェックしてみなよ」

そう言ったものの、戸惑いはあります。

私のしか男性器をしらない妻・・・。
しかも私は自分の物に自身がありません。
銭湯等に行ってもタオルで隠しています。

先日も・・・。

和樹「信也さんなんで隠すんですか?」

私「ん?マナーだろ(笑)」

そう言いながら和樹のナニのデカさは半端なかったので、妻の反応が心配でした。

妻が和樹のスエットに手を伸ばし、触れた瞬間・・・。

妻「キャッ!」

和樹「ん?どしたの?」

一瞬妻が素になり・・・。

妻「お、おっきいよね?」

和樹「またまた~、信也さんには敵わないっすよ」

妻と目が合いましたが私から目を反らしました。
和樹は私のを見た事はないので、私がついた嘘・・・「俺もデカイぜ!」を信じていました。

改めてモッコリしたスエットから見えるナニは私より大きいと実感しました。

確認するようにスエットを擦る妻・・・。
興奮する和樹と私!
私のパンツも湿っていました。

私「直に触りな」

恐る恐る中に手を入れた妻は、酔いが覚めたと思わせる程の顔で驚いていました。
内心後悔しましたが、酔っていて興奮が勝っていました。
胸を揺らし和樹のデカぶつを上下に擦る妻は目がキラキラしていた気がしました。
もうアソコはグッチョグッチョで、私が動かす度に(ピチャピチャ)音がします!

私「よし!舐めてやれよ!そして抜いてやって今日は寝るぞ」

時間も1時近くだったのと、今日はここまでとの気持ちと、和樹のナニをフェラする姿を早く見てみたい気持ちで言いました。

私「ほら、明日も仕事だから!」

それをきっかけに和樹がスエットを脱いだ瞬間、ビョン!という表現が合うデカぶつが現れました。

(やっぱりデカっ!)

そう思ったと同時に小声で妻が・・・。

妻「おっきい・・・」

無意識でしょう。

和樹「なんか恥ずかしいっすね。信也さん程じゃないけど多少は自信あります」

あのデカさはなかなかいないと思いました。
妻が握っても手が回らず、両手で掴んでも先がはみ出る長さ!
私は握れば妻の親指が人差し指の爪に触れる程度。
長さも片手で多少はみ出る長さ。
しごきながらフェラしても先が舐めれる程度なんで、妻も半分自分の手を舐めている感じですから・・・。

それがこのデカさ。
私自身ショックで萎えそうでした。

妻「す、すごい!和樹君も大きい」

・・・と、妻が気を遣ってくれました。

未知の物体に恐る恐る舌を伸ばし先をチロチロと徐々に咥えた妻・・・。
アゴが外れそうな太さをヨダレをすすりながらしゃぶる妻は、いつもの妻ではないように見えました。

四つん這いになった後ろから携帯のライトを照らしパンツを見れば、具まで透ける程濡らしていました。
触れば糸をひきヌルヌルでした。

バレない様に自分でしごきましたが、発射しそうなんでやめました!

和樹「理沙さんヤバいよ~」

妻「ん?」

和樹が限界の様です。

妻は目を閉じラストスパート。
大きく胸を揺らし他人のデカブツを咥え、ヨダレをたらしフェラする妻・・・。
私も限界でした!

妻が口を離し手コキを数回した瞬間!

和樹「あっ!」

妻のロングヘアーと手に発射です。
ヌルヌルになったナニを嬉しそうに擦る妻。
ティッシュが間に合わなかったようです。

慌てて渡しましたが、妻は和樹を離さず握っています。

和樹「理沙さん・・・もう・・・」

妻「あっ!・・・ごめんごめん・・・いっぱい出たね」

これには嫉妬しました!

片付けをして車を降り、和樹は寝ました。

私「ど、どーだった?」

妻「大きいね。てか私は満足してないじゃん!」

私「すごかったな!デカさも濡れ方も」と言い、即挿入!

妻「あんあんぁんアン・・・」

かなり感じていた私は十数秒でイッテしまいました!

妻「ンもう!」

妻は不満気でしたが、朝が早いので就寝しました。