私には高校時代から付き合っている美佳という彼女がいます。


私が大学に行ったため、1年前から遠距離恋愛という状態なのですが、特に問題もなく普通に付き合ってきました。

ただ年に数回しか会えないとやはり寂しいものですので、私が引っ越す時に彼女に写真を撮らせてもらっていました。


普通の写真は勿論ですが、彼女の胸やマンコ、そして尻の穴と、彼女の全てを納めたものでした。


私はその裸の写真を毎日オナニーのおかずにしていましたので、PCのデスクトップにフォルダを作り、そこに保存していたのですが、それが間違いでした・・。

私の家は家賃の関係で学校からかなり離れていますので、人が訪ねてくることはほとんどないのですが、ある時突然サークルの先輩が押しかけてきました。

なんでも友達と飲んで帰ろうとしたらしいのですが、飲みすぎて上手く車が運転できず、近くに住んでいる私のところに来たということでした。


その先輩はずうずうしい性格で、あまり好きではなかったので入れたくなかったのですが、入部してまだ日は浅いし、何よりも私のせいで事故でも起こされたらたまらないと、しぶしぶ先輩を部屋に入れました。

先輩はかなり酔っているにも関わらず、私の部屋の酒を飲み始め、仕方なく私も付き合うことになりました。

私は酒は好きなのですがあまり強くないためすぐに酔い潰れてしまいました。


しばらくして気がつくと、先輩が私のPCで遊んでおり、何をしているのかと覗くと、何と私の彼女の裸の画像を見ているところでした。

私は一気に酔いがさめ、「何してんすか!」というと、先輩は、「いや、暇だったから。お前良い画像持ってるな~!これハメ撮りだろ!どこで拾ってるの?」と、ネットでの拾い物と勘違いしているようでした。


私は動揺を隠しながら、


「もう潰れちゃったんですけどそういうサイトがあって・・・」


正直ホッとしたのですが、先輩に大事な彼女の裸の写真を見られるのは屈辱的でした。


先輩は「この子可愛いな~!エロい乳してるし!でもちょっとマンコは臭そうだな~!なんか黒いしビロビロはみ出てる(笑)」とか好き放題言っていました。


彼女を馬鹿にされているようで悔しかったのですが、自分の彼女と言うわけにもいかず我慢して聞いていると、悔しいはずなのに何故か興奮してしまい、ギンギンに勃起してしまいました。

そして朝になり先輩が帰るとすぐ、先輩が彼女の画像を見ている姿を思い出しながらしごきまくりました。

今までに無いくらいの興奮で、その日以来彼女の裸を誰かに見られるところを想像しながらオナニーをするのが癖になってしまいました。


それから半年ぐらいたったころ、彼女が地元から遊びに来ることになり、久しぶりの再会を満喫していました。

何日か2人で過ごした後、彼女が私の大学を見たいと言うので学校を案内していると、サークルの連中に出くわしました。

例の先輩もいたので、まずいかなと思ったのですが、半年前に見たエロ画像の事を覚えているわけも無いと思い、ラウンジでお茶を飲むことに。

私の大学でのことや、サークルの話などで盛り上がり、彼女も楽しそうにしていました。


先輩も「可愛い彼女だな~!うらやましいよ!」とかいうだけで、普通に世間話とかをしているので、正直ホッとしていました。


しかし、それは私の安易な思いに過ぎませんでした。

みんなと別れ、家に帰り彼女とテレビを見たりして過ごしていると、私の携帯がなりはじめ、誰だろうと見ると例の先輩からでした。


家にいるのかと聞いてくるので、そうですと答えると、少し話したいことがあるとのこと。

私は彼女がいるからまた今度にして欲しいといったのですが、とても重要なことで今じゃないとダメだと・・・。

しかも家の近くのコンビにまで来ていてるから少しだけと言われ、彼女を残ししぶしぶ出かけていきました。

コンビニに着くと先輩が大量に酒を買い込んで待っていました。

何の話かと聞くと、酒を買ったから私の家で飲もうと・・・。


こいつ馬鹿じゃないのかと頭に来て、「彼女が来ているので無理です」と不機嫌そうに答えると、先輩は上着のポケットから紙切れを出してきました。


何かと思ってみると、それは私の彼女の裸を印刷したものでした。

私が凍り付いていると、


「前、お前の家に行ったときになかなかよさそうだったからお前のCD1枚貰って焼いて帰ったんだ。結構おかずにしてたんだけどさ~今日学校でお前の彼女見てびっくりしたよ!(笑)」


私はもうパニック状態で、どうしていいのか分からず黙っていると、


「大丈夫だって!誰にも言ってないから。で、1回だけでいいから・・頼むよ~!お前もサークルのやつとかに見られたくないだろ?俺もうすぐ卒業して引っ越すし、な!絶対黙ってるし、2度と会わせろとか言わないから」


私には選択肢は無く、受け入れざるをえなかったのですが、彼女が了承するわけが無いし、彼女を脅迫するのは絶対嫌だとということを伝えました。


そうすると、「大丈夫!酔い潰してからなら絶対に分からないって!」と、無茶苦茶なことを言い出しました。


先輩はたちが悪く、断れば本当に写真をばら撒くような人でしたので、しぶしぶOKしてしまいました。


先輩を連れて家に戻ると彼女は笑顔で迎え入れてくれました。

胸が痛んでしょうがなかったのですが、しかたなく3人で飲み始めました。

しばらくは普通に飲んでいたのですが、彼女が結構酔ってくると、先輩は下ネタを連発し始め、彼女に「美佳ちゃんってオッパイ大きいよね~!」とか、「オナニーはするの?」とか言い出しました。

彼女は結構エロトークは大丈夫なので、「オナニーなんてしないですよ~!」とか、笑いながら返していました。


その頃には私はもうフラフラで正常な思考など出来るはずも無く、もうどうにでもなれという気分でした。

彼女ももう目の焦点が合っていないような状態で、ろれつも回らなくなってきました。


すると先輩が、「じゃあ王様ゲームでもしよう!」と言い出しました。

彼女は「え~!女私だけだよ~!」と言っていますが、先輩は気にせず・・・。


「じゃあS(私)と美佳ちゃんがディープキス!」


私はもう仕方ないので、彼女に抱きつき思い切り激しくキスをしました。


美佳は「ちょっと~!Mさん(先輩)いるのに~!」と言っていましたが、抵抗する力も無くされるがままでした。

先輩は「いや~!もうとても見てられないから」とかなんとか言い、部屋の電気を消しました。


しばらく彼女にキスを続けていると、私も興奮してきて、彼女の胸やあそこを揉み捲くりました。


「いや・・ダメだよ・・うぅ・・ああん・・」


私は脅迫されていることすら忘れ、彼女のシャツを脱がしブラを剥ぎ取り、彼女の胸にむしゃぶりつきました。


「ダメ・・Mさんがいるのに・・あああ・・・」

「俺のことは気にしないで、もうすぐ卒業して引っ越すからもう会うことないし」


その言葉に安心したのか、酔ってわけが分からないのか、彼女は本気で感じ始めました。


「はぁ・・・あああん!はぁはぁ・・」


彼女のスカートとパンツを脱がすと、美佳のあそこはもうぐしょぐしょでした・・。

私は自分も裸になり、美佳のまんこ当てがい一気にぶち込みました。


「あぁ、あ、、ああああああああーーーーーっ!」


私が夢中で腰を振っていると、先輩が近づいてきました。

そして彼女を起こし騎乗位の態勢にさせ、後ろから彼女の胸を揉み始めました。


「はぁはぁ・・美佳ちゃんのおっぱい柔らかいね・・」

「いや・・ダメ・・あああああ~~!揉んじゃダメぇ~~~!」


「でも乳首こんなに勃ってるじゃん・・てか、でかい乳首だね!」

「そ、そんなこと・・いや、やめて・・はぁ・・・あああん・・・」


私は、私に跨りながら先輩に胸を揉みしだかれ感じている彼女を見て、今まで生きてきた中で1番の興奮を覚えました。

自分の彼女がほかの男に好き放題に弄ばれ感じている・・そう思うとどうにも我慢できず彼女の中でぶちまけてしまいました・・。

私が彼女から離れると、すかさず先輩が彼女に覆いかぶさりました。


そして私の精子が入ったままの彼女のマンコにぶち込んだのです。


「あ、ああ・・・!!美佳ちゃんのマンコきつくて気持ちいいよ・・・!」

「あ、あああ、・だ・・だめぇぇ~~~~!!Sが・・・Sが見てるぅ~~!」


先輩は彼女を四つん這いにさせ、彼女の細い腰を持ち、夢中で打ち付けていました。


「美佳ちゃん・・お尻の穴まで丸見えだよ・・・」


そう言いながら先輩は彼女の尻の穴を指でいじくりまわし始めました。


「いや・・お尻はだめぇぇ~~~!」


彼女が少し抵抗するそぶりを見せると、先輩は再び猛烈な勢いで腰を打ちつけ始めました。


「あああああ~~~~~!!だ、だめぇ~~~~!!」


喘ぎまくり抵抗しなくなった彼女を見て、先輩はニヤニヤと笑いながら腰を振っています。

私はその光景を見ながら、ギンギンに勃起したチンポをしごき捲くりました。

自分の大切な彼女が嫌いな先輩に好き放題弄ばれ犯されている・・。


「S~!美佳ちゃん貸して貰ってサンキューな~~!!お前の彼女まじ気持ちいいわ!まあ美佳ちゃんも気持ちいいみたいだし悪く思うなよな~!ははは!」


そう笑いながら私を見下す先輩、そして私の時以上に大きな声で喘ぎ捲くっている彼女・・。


私は激しい悔しさと興奮の中、自らの手で2度目の射精を迎えました。

私が放心している間も先輩は美佳を責め続けていました。


「だ・・・あああ・・・ああああああ!!ダ、ダメ逝きそう・・」

「はぁはぁ・・逝っていいぞ!はぁはぁ・・逝っちぇよ~~!」


先輩は無我夢中で腰を振っています。


「あああ~~~~!!い、逝く~~!!逝っちゃうぅ~~~~!!あああ~~!!」


彼女はすごい声で叫びながら体をガクガクと震わせ逝ってしまいました。


「あああ・・・俺ももう逝きそうだ・・はぁはぁ・・・ああ~~~!!あああああ~~~~!!!美佳~~!!逝くぞ~~~~~おおおお!!」


そう叫ぶと、先輩は彼女の腰を抱えたまま彼女の奥深くに精子をぶちまけました。

先輩が美佳から離れると、彼女は気絶しているようでそのまま前に倒れこみました。


「いや~!お前の彼女まじで気持ちよかったよ!てか、美佳ちゃんっておとなしそうな顔して淫乱だな~!逝って気絶したやつ初めて見たよ!ははは!」


そういいながら先輩は服を着替え帰る準備を始めました。


「まあ約束だからもう連絡とかはしないから!まあ、美佳ちゃんがまたまた犯りたいっていうのなら使ってやるよ(笑)」


そう言い残し先輩は帰っていきました。


私は、尻を突き出しマンコから精子を垂れ流したまま倒れている彼女を見ながら、3回目の射精を終え、精子をふき取り彼女に服を着せ眠りました。

翌朝、お互い少し気まずい雰囲気でしたが、酔っていて記憶が曖昧だというと、彼女も自分も覚えてないと言い、この日のことは触れないことにしました。


彼女とはその後も続いています。

幸い妊娠はしていませんでした。