俺達夫婦に、間もなく初めての子供が生まれるという時の事。 
2~3日前から妻の母も来てくれて出産の準備を済ませた。 
予定日に診察を受けに行くと、そのまま入院という事になった。


夕食も風呂も済ませテレビを見てると、風呂から上がった義母が 
「今夜は、前祝いの 【 カンパイ 】 しよっか」

今度生まれる子が義母にとっては初孫で、楽しみが大きい様だ。 
普段も明るい義母が、酒と初孫の嬉しさで大いに話しが弾んだ。 
浴衣姿の義母のお酌で飲む酒は格別に美味い。 
妻と結婚を前提に付き合い始めた頃からの憧れのお義母さんだ。

義母が 「ネェ そろそろ休む? ◇さん 一人で寝れる?」 
「悪い事しなければ・・・ 今夜はここで一緒に寝る?」  
居間に隣接した、義母の布団が敷いてある客間に誘ってくれた。 
少し乱れた義母の浴衣から、胸の谷間や白い足が覗いてる。

義母の部屋に行き 「お義母さん」 立ったまま義母の肩を抱くと 
義母も 「◇さん」 と抱きついてきた。  
抱きしめながら口を吸い、そのまま布団の上に倒れ込んだ。 
仰向けに寝かせた義母の浴衣を脱がせ、パンティーも脱がせる。

腕を義母の首の下から滑り込ませて肩を抱き、口を吸い合う。 
もう片方の手は義母のオッパイを揉み 
オッパイから わき腹~腰~お尻~下腹部へと撫で下ろして 
太腿,内股、ワレメを撫でた指先がクリトリスをくすぐる。

クリトリスは感度が良く指先が触れるとピクッ と全身で反応する。 
クリトリスを指で摘むと、義母は脚をすぼめ俺の手を押さえた。 
ワレメを撫でながら、膣の入り口から指を少し奥まで差し込み、 
指先を動かして刺激すると、義母が息を止め 「ウッ」・・・「ウッ」

義母の花びらを手で広げると、ソープの香りがした。 
膣に舌先を射し込み舐め回すと義母の手に力が入り感じてる様だ。 
舌先で強めに撫でながらワレメ沿いにクリトリスまでいき 
クリトリスを、口に含んで舐め、吸い、舌先で撫でまわすと 
義母が全身をくねらせて 「ねぇ… もうダメ、 来て~」

両手で広げた花びらの真ん中に、ムスコの先っぽだけ差し込むと 
義母に体を密着して、体ごと一緒に動きゆっくりと押し込む。 
膣をかき分けながら ジワ ーっと潜り込んでいくムスコを想像・・・ 
一番深い所まで着いても更に力を入れて押しつけると 
義母も腰を突き上げ、俺に姫チャマを押しつけてくる。

義母を抱きしめ、口を吸いながらピストン運動を始める。 
始めは大きくゆっくり突き、だんだん激しく突いていくと 
突く動きでオッパイを大きく揺らしながら義母の体が前後する。 
その内に、俺が激しく突きまくると義母が乱れた息の中から 
上ずった声で、「◇さん」…「◇さん」…「◇さん」・・・ 
俺の肩に、背中に、腰に、激しく抱き付いてきたと思ったら 
「ィャッ … イヤ~~・・・」 
頂点に達した義母が体を仰け反らして、膣を締め付けてくる。 
ムスコが痛いほどで、俺も最高の気持ち良さで頂点に達した。  
俺が、ヒクッ ヒクッと射精してる時、義母も俺の動きに合わせて 
精液を一滴残らず絞り出す様に膣をキュッと、何度も締め付ける。 
今まで体験した事の無い様な激しいセックスだった。    
射精が終わっても、義母が肩で息をしながら抱きついている。

呼吸を整えた義母が 「恥ずかしいぐらい 凄~くヨカッタ…」 
「こんな気持ち良かったのは初めて・・・娘がうらやましい」  
抱きついてる手に力が入って、膣も締め付けて来た。 
イッテからも暫らく抱き合ったまま快感の余韻を楽しんだ。

その夜は、義母の布団に一緒に寝る事にして並んで寝るが 
義母は俺のムスコを握り、先っぽを指先で撫でながら・・・ 
俺は義母の手を握ったり、姫チャマの花びらを撫でながら… なので

「〇子の手助けに来たのに、あの子を裏切ってしまったわ」 
「僕も結婚して一度も〇子を裏切った事は無かったのに~」 
「二人して、大きな秘密を作ってしまったわね」と言いながらも 
気分が高まり、どちらからともなく抱きつき2回目エッチの気分。


挿入して、最初は抱きしめてるだけで、ゆっくり愉しんでいたが、 
だんだん口を吸い、抱き合い、激しく求め合う様になり  
義母の、膣を締め付ける動きにも力が入り、回数も多くなった。 
俺が激しく強く突くと、義母が肩に 背中に 腰にしがみつき 
息を乱しながら「◇さん」 「◇さん」 「◇さん」・・・ 
その内、頂点に達した義母が体を仰け反らせて「イッヤ~~…」 
たった今やったばかりとは思えない程の凄い快感で  
二人とも二度目の頂点に登りつめた。

「お父さん以外の人とSEXしたのも、 
こんなに気持ちいい思いをしたのも、 
ましてや私から2回も連続で求めたのも、みんな初体験… 
今の私にとって◇さんは、頼もしい息子で、ステキな恋人よ」 
「お蔭で人生が明るくなった感じ、◇さんありがとう大好きよ」 
「僕が〇子と結婚を前提の付き合いが始まり、ご実家を訪ねた時 
初めてお義母さんを見た その時から憧れのお義母さんでした 
そのお義母さんと、今こうして結ばれ僕は幸せいっぱいです」 
話してる内に、また抱き合い 求め合う二人・・・


翌日は、午前中に無事にベビーが誕生。 
母子共に順調で、1週間ぐらいで退院するという。 
…って事は、アト1週間は義母と二人だけの夜を過ごせる。

昼間 義母は病院、俺は会社だが、会社の帰りに病院に寄り 
見舞ったアト義母と一緒に帰り、夜は義母と二人っきりになる。 
毎晩、たっぷりエッチ出来て楽しい一週間だった。

特に、明日は いよいよ母子ともに退院して来るという夜は、 
お風呂場でも全身にソープを塗り合い抱きついて撫でまわし 
浴槽の中でも抱き合い挿入、上がるとそのまま義母の部屋に行き 
義母が上になる形の69スタイルになって舐め合う。

この体位だと、義母の口に俺のムスコが入り過ぎないし 
俺の顔のまん前で、義母の姫チャマが満開の状態になって 
自然な形で深く舐め合い、目でも楽しめ二人とも楽しみ合える。

義母の花びらを広げて膣の入り口から舌を深く差し込み 
そこから割れ目沿いに、ゆっくりとクリトリスまで舐める。 
クリトリスを口に含んで舌先で転がす様に舐めまわすと 
義母が堪え切れずに「ネェ もうダメ、はやく来て~」

明日から暫らくはエッチが出来ないと思うと名残りは尽きず 
挿入して、抱きしめて、口を吸いながらオッパイを揉み 
一突き一突きにも気持ちを込め、エッチを満喫、義母を満喫、 
義母も思いっきりしがみついて、体の芯から快感を堪能する。

「凄く気持ちいい、ホントに娘がうらやましいわ~」 
「僕も、今までで最高に気持ちいいSEXでしたよ」 
「うれしい・・・◇さん 好きよ、ホント大好き…」  
一晩中ずっと抱き合い、何度も挿入し、何度も求め合い 
話しをする度に気分が盛り上がり、また抱きついて求め合う。 
二人して何度も頂点に達する、エッチ漬けの一夜だった。

妻が退院しても、義母は娘や初孫の世話で暫らくは滞在する。 
エッチは出来ないが手を握ったり、抱き合ってキスは出来るし 
沐浴などで、抱いた赤ちゃんを受け渡す時など、 
手が、義母の胸のあたりで触れ合うだけでもドキドキする。 
一つ屋根の下に義母が居るというだけでも愉しい。

妻は、実の母が面倒看てくれるので喜んでいるけれど 
俺には済まないと思うのか、気を使ってくれてる様だ。 
俺が義母に気兼ねなく話したり冗談言ってると安心してる。

俺も義母も、妻の前では絶対に気付かれない様に演じるが 
俺と義母の仲が良すぎて気付かれたら困るけれど 
仲が悪いと思われたり、二人が気兼ねしてと思われたら 
それも妻が気を使う事になり、ストレスになるだろう。

義母が、いつまでも居られる環境にしたいと思っているので 
俺 ⇔ 妻、  義母 ⇔ 妻、  義母 ⇔ 俺、 
会話にも、行動にも気を付けている。


妻が退院して半月ぐらいして、義母が一旦実家に帰る事になり 
車で送って行く途中に、ラブホテルへ寄る。

一緒に暮らしながらも、エッチが出来ない二週間は長かった。 
部屋に入るなり抱きつき、二人そのままベッドに倒れ込む。 
義母の衣服を剥ぎ取るように脱がせ、俺も脱ぎ捨てて・・・ 
真っ裸になって、待ち兼ねたたように一つになり抱き合い、 
口を吸い合い、挿入して気持ちも一つになって求め合い・・・ 
義母も待ちかねたのか、堰を切った様にスグ頂点に達した。 
時間は短くても、二人は久々のエッチで大いに満足した。 
義母が 「近くに居ると、抱いて欲しくてたまらない時が有り 
 一旦、家に帰る事にして、ホテルに行く事を考えついたの」

義母を実家に送り届けたその夜は、妻が求めてきた。 
義母が居るので抱き合う事も出来ない俺に対しての気遣いか 
二人っきりになったら、妻もエッチの気分になるのはうれしい。

出産、縫合したアトの初エッチ、まだ妻も不安だったらしいが 
俺も気になり、優しく挿入して殆ど抱きしめているだけだった。 
久しぶりに妻を抱いて、その感触に興奮して射精してしまった。 
静かなエッチだった。

コンドームに精液が溜まってるのをそれとなく見せて 
「何日も溜まってたので、動かなくてもイッちゃった」と言うと 
「ありがとう、もう少ししたら安心して いっぱいやりたいね」 
激しく突かないのは、俺の優しさの所為…と 
妻は、改めて感謝してくれて抱きついてきた。

若し義母とのエッチがなかったら、久々の妻に飛びつき 
激しく突いて自己中心のエッチをやってたかも知れない。 
そんな所から夫婦に溝が出来てしまう事も考えられる。 
それを思うと、義母の存在は家庭円満の源だ