【寝取られ体験談】彼女や愛妻が寝取られるエロ体験談をまとめました!自分以外の男に激しく抱かれ、悪戯される愛妻や彼女たち。 他人のモノで深く貫かれて喜びを感じる人妻たち。『人の物』ゆえ止め処ない快楽の世界にご案内します。

【寝取られ体験談】寝取られ彼女のエロ体験談まとめ

90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

【SSP対応】レクタングルプラス1














93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

寝取られエロ体験談

【寝取られ体験談】大家に寝取られた妻(1)

投稿日:

山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。
会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。
交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。
私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。
妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。
でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。

引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。
マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもある武藤さんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。
「東京で生活するのは初めてですか」
「はい、初めてです」
武藤さんの質問に私が答えると、
「田舎育ちで何もわかりませんのよ」
と妻も言います。

「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」
そういって武藤さんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。
「今お茶を入れますから」
どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、武藤さんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。
「奥様はいらっしゃらないのですか」
と妻が聞くと
「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」
少し寂しそうな武藤さん。
「お二人は、お子さんは?」
と武藤さん。
「まだいませんの」
「そうですか。お二人のご出身はどちらですか」
笑顔に戻って武藤さんが聞くので
「妻はN県のT島。私はO市です」
と言うと、武藤さんはとても驚いた表情で
「やっぱり。亡くなった妻もT島生まれですので、似ていると思いましたよ。そうだ。良かったら今夜、家で夕食をしませんか。近くにおいしい中華料理屋があって、そこの中国人の店主と懇意なもんで、何でも届けてくれるんです。お近づきのおしるしにどうですか。それとも何かご予定でも・・」
私達夫婦は顔を見合わせましたが、寂しい武藤さんの身の上話と、奥さんが妻と同じ離島のT島出身であることを聞いてしまった後だったので、断れずに夕方7時に約束をしてしまいました。
部屋の片付けなどもありましたが、土日もいれて5日間の休みを頂いていたので、武藤さんにいろいろと東京での暮らしを教えて頂くのも良いかと思ったのでした。
時間通りに武藤さん宅に行くと、12畳ほどのたたみの部屋に案内されました。
テーブルの上には北京ダックをはじめ、伊勢海老の炒め物やふかひれのスープなど、御馳走が並べられ、中華料理屋の店主らしいコック服の中年男性が、北京ダックなどを皿に取り分けているところでした。
「すごいごちそうだ、手ぶらで来ちゃったよ」
「何だか心苦しいワ」
私と妻がそう言うと、
「どうぞ、そう言わず。私は嬉しいんですよ。妻と同郷の人に出会うのは、初めてなんです。さ、座ってください。まずはビールで乾杯しましょう。」
乾杯のあと、中華料理屋の店主は、中国人なまりで
「他にもいるものがあったら、電話してね」
そう言って帰っていきました。
おいしい御馳走を頂きながら、武藤さんは色々なことを話してくれました。
大きな不動産会社を経営していたそうですが、奥さんが乳癌で亡くなってから、仕事をする意欲が無くなってしまい、3年前に会社を大手企業に売却して、今はマンション収入と、資産を使いながらの生活なのだそうです。
仕事一筋で無趣味だったことを、今ほど悔やむことはないのだそうです。
「よけいなことですが、早くお子さんをお持ちになるといい。」
と武藤さん。
私はさびしく苦笑しました。一度は不妊外来で検査も受けたのでしたが・・・
「私の話はつまらんことばかりですので、今度は奥さんにT島のことを聞きたいなあ」
照れ笑いしながら武藤さんがそういうと、いつになく饒舌になった妻はT島
のことを話ました。海のきれいなこと、夏海岸で泳ぐと大きな魚が近くまで
来ること。台風が凄いこと。どうやら武藤さんの奥さんは私の妻の隣村の出身のようでした。それならば、どこかで自分と血縁があるかもしれないと妻。それを聞いて上機嫌になる武藤さんなのでした。
「そうだ。中国から取り寄せた良い酒があるので、やりませんか。何でも清朝皇帝愛飲の古酒だとか。」
酒を取りに行ったあと、私は妻に
「武藤さんはずいぶん君を気に入ったみたいだね」
「いやだわ~、亡くなった奥さんに似ているのかしら」
武藤さんは二本の酒瓶とワイングラスを持って帰ってきました。
「こちらが、中国の皇帝酒。ご主人どうぞ。こちらは果実酒。奥さんにはこちらが飲みやすいでしょう。」
ワイングラスに注がれた琥珀色の酒を飲むと、なるほど、まろやかな良い
味わいと、少し漢方薬を思わせる香りがしたのでした。妻も、おいしいと言って、その中国の果実酒を飲んでいました。武藤さんは
「奥さんは、少し言葉になまりがありますね、T島のなまりが・・・死んだ妻も同じなまりでした。東京で20年以上住んでいても、なまりが抜けないんですよね・・・」

それからどれだけ時間が経過したのかわかりませんが、私は眠ってしまったようでした。正確には、意識を失っていたと言うべきでしょう。
「ダメ、いや。やめてください。主人がいますよ・・・」
妻の声に、ただ事ならぬ気配を感じて顔を声のする方に向けようとするのですが、全身がしびれていて、動きません。
ようやくのこと顔を向けると、全裸にされた妻の上に禿げ頭の武藤さんが覆いかぶさっている光景が目に飛び込んできました。
武藤さんはEカップの豊満な妻の乳に吸いつきながら、
「奥さん、私はあなたのような人をずっと待っていたんだ。私は妻がいなくなって、妻じゃないとダメな自分に気がついた。でも、あなたは妻にうり二つ。双子のように、妻の若い時にそっくりなんだ。」
そういって、チュウチュウ音をたてて、妻の乳を吸います。
「そっ、そんな~。ハァ~、だめ~」
妻も薬を飲まされて手足がしびれているのでしょう。手に力がはいらないようです。
「おとなしく言うことをきいてくれたら、家賃はタダにしますよ。どうです。ご主人には薬を飲ませましたので、朝までぐっすり眠っていますよ。それに、奥さんの飲み物には中国の媚薬をいれたから、そろそろ効いているはずだ」
その言葉通り、武藤さんがキスをして舌を妻の口に入れると、妻は抵抗するのを止めてしまいました。
武藤さんは妻のからだをペロペロと舐めながら、乳房から、腋へ、お腹から女陰へと味わい続けました。
陰部へ辿りつくと、蜜を吸い取ろうとでもするかのように、音をたてて愛液を吸います。
妻は必至で声がでそうになるのをこらえているようでしたが、時々、アッ、とかウウッとか、声を洩らします。
武藤さんの頭が離れたときに、ようやく見えた妻の陰部からは、沢山の愛液が溢れ出て、下に敷かれた座布団をぐっしょりと濡らしているのが分かりました。
「さあ、今度はわしのをしゃぶってくださいな」
そう言って武藤さんはベルトをゆるめ、ズボンをぬぎました。
パンツをおろすと私のものよりもずっと長くて太い陰茎が出てきました。武藤さんのは巨根です。私のものは標準よりやや小さめです。
妻との行為の時も、挿入後に腰を動かしながら、頼りない感じがすることが多々あります。
本当に妻は感じているのだろうかと。でも私の男性自身よりほか、男を知らないはずですから、妻には比較のしようがありません。
武藤さんは座布団を枕にして妻の頭を上げると、自分の陰茎を妻の口に近付けました。
驚いたことに妻は口を開き、武藤さんの陰茎をいやらしい音までたててしゃぶり始めたのです。
私は横に倒れたまま、薬で痺れて身動きひとつできずに、テーブルの下からその光景を見詰めていたのです。
妻は脚をややななめにして下半身を私の方に向けていました。
妻の表情は良くは見えませんが、枕のおかげで口もとは良く見えました。
ペニスが右の頬にあたって、大きく膨らんだりしていました。次に69の姿勢にならました。
武藤さんが妻の顔を跨ぎ、陰茎をくわえさせ、妻の両脚を開き、禿げた頭を私に向けて女陰を啜ります。
一度武藤さんが私の方を見ましたが、慌てて私は両目をつぶりました。
なぜそうしたのか自分でも不思議ですが、気がつくと全身が痺れて、意識も泥酔したようにぼんやりしているのに、自分のうつぶせになって、たたみにあたっている股間が固くなっているのを感じていたのです。
妻の女陰を啜り終えると武藤さんは向きを変えて、妻の股間にペニスをあてがいました。
「だめ~、ゴムを付けて~」
妻が最後の抵抗をしますが、
「用意していませんよ。大丈夫。外に出しますからね」
そう言うと、ぐいっと腰を押し当てました。
「ア~ン、おおきい」
思わず妻の口から洩れた言葉でした。
ゆっくりと武藤さんが腰を振り始めると
「アアッ・・・いい・・ウウッ・・・ァあん。いい・・奥にあたってる・・」
本気で感じているのです。奥にあたっている、という言葉は、きっと武藤さんの亀頭が妻の子宮口あたりまで、きているということでしょう。
妻の両脚を武藤さんが両腕で抱えあげると、二人の結合部分が丸見えになりました。
白濁液が溢れて、たらたらと肛門の下へ流れていくのが見えました。
私のペニスでは届かない奥の性感帯を、今初めて刺激されて、媚薬の作用も手伝って、女の喜びに震えているのです。
私は自分の股間あたりが温かく溶ける感覚がしました。射精したに違いありません。
こういう興奮の仕方は初めてのことです。次第に武藤さんの腰の動きが早まります。
50代とは思えないしなやかな動きです。
妻もアクメを感じて大きな喘ぎ声を出し始めた時、
「もうがまんできない」
そう言って腰を打ちつけたまま、ぶるぶると武藤さんは身体を震わせました。やがて、崩れるように妻に重なりました。
体重をかけぬように両肘で身体をささえ、妻にキスをします。長いキスのあと、ようやく武藤さんが妻から離れました。
深々と挿入されていた肉太のペニスを引き抜くと、妻の濡れて光る股間の膣口から、タラタラと精液が湧き出すように逆流してきました。相当な量です。
「これからも、よろしくたのみますよ。家賃はずっとただにしますからね。」
そういうと抜いたあとのペニスをまた妻の口にもっていき、しゃぶらせるのでした。驚いたことに、妻は音を立てて尿道の中まで、武藤さんの精液を吸い取ったのでした。
「今夜は朝までがんばれそうだ、あ、そうそう。ご主人がめを覚ますといけない・・・」
何かを取りに別の部屋にいき、戻ってくると動けない私に近づいて、鼻の中に何かの薬液を噴霧しました。虹色の何かが見えて、私は意識をなくしたようでした。

翌朝目を覚ますと、食事のテーブルはかたづけられ、服を着たまま布団に寝かされていました。横には妻も昨夜来た時の服を着たまま眠っています。
二日酔いの朝のような目覚めですが、気分は悪くはありません。
昨日のことは夢のようでした。妻をゆすって起こすと
「やだ、いつ寝ちゃったんだろ」
などと言っています。腕時計は十時半を指していました。
さて、中国のお酒で幻覚でも見たのかと思いました。
「寝ちゃってしまったけど、昨日何かあった?」
「武藤さんが、御主人が寝ちゃったので布団敷きますね、て言って、泊めてくれたのよ。」
妻のいつもと変わらぬ落ち着いた態度に不思議と安どして、それ以上問いただしませんでした。
やがて武藤さんがやってきて、トーストとコーヒーでもいかがですかと朝食をすすめましたが、昨夜の御馳走が胃に残っている気がして、朝食は辞退して、お礼を言った後帰宅しました。
「邯鄲の夢枕」という話を思いうかべながら帰宅し、部屋のかたづけなどをしてその日はすごしました。
でもトイレに行ったときに気がついたのですが、黒のパンツにかさかさに乾いたものが付着していました。
それは、自分の精液に違いありませんでした。

【SSP対応】リターンアド_シングルver.(1)


【SSP対応】ヘッダーレイ


【SSP対応】オーバーレイ


【SSP対応】レクタングルプラス2














実際に「寝取られ/寝取り体験」しませんか?

寝取られ願望の強い女性を探してみませんか?

特集記事:
【寝取られ体験談】寝取られ願望をもつPCMAXの人妻たち(その1)

【寝取られ体験談】寝取られ願望をもつPCMAXの人妻たち(その2)

【寝取られ体験談】妻をどうしても他人に抱かせたくて

【寝取られ体験談】僕の目の前で他人に抱かれる彼女

※以下のスマホアプリに願望の強い20~40代女性が毎日登録しています(管理人推薦)↓↓↓

おすすめNo.1 →「PCMAX

★★★★★(管理人評価:90点)

※30代の寝取られ願望の強い女性が多いです。管理人の住む田舎町でも当日~翌日に会えています。本当です。素人女性の集客力でここ以上のサイトはありません。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

おすすめNo.2 →「ハッピーメール

★★★★☆(管理人評価:85点)

※PCMAX同様に、寝取られ願望の強い人妻がいます。かなり使えるアプリです。最近、書き込みが多くなっており、おすすめNo.1になるかも知れません。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

おすすめNo.3 →「Jメール

☆☆☆☆☆(管理人評価:??点)

※人妻に会いたいなら穴場アプリです。PCMAXやハッピーメールで十分間に合っているので、まだ完全に評価できていないですが、100%本気の人妻の書き込みがあります。

(iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです)

【SSP対応】レクタングルプラス3














-寝取られエロ体験談

Copyright© 【寝取られ体験談】寝取られ彼女のエロ体験談まとめ , 2018 AllRights Reserved.